生活リズム

子どもたち帰省中。
珍しくいつもより早めに帰ってきて
長男はまだ戻る便も決めてない。

会話するでもなく
一緒にテレビを楽しむでもなく
家にいてもすることないから気ままに出かけるし
ご飯もいるのかいらないのかはっきりしない。

あれこれヤキモキしているうちに
sasaの生活リズムはすっかり崩れて
昨日から薬を飲んでも頭痛が治らず
今日は夕方まで起きられない始末。

一人暮らしを謳歌しに出て行った子供たち同様
こちらには子どものいない暮らしを成立させる
日常というものが出来ていて
可愛い息子たちであっても
それを乱されると心身ともに不調をきたす。

そんなこと思うのもよくないとは思うけど
これが事実でもある。

コメント

  1. taki より:

    わかる。ほんとわかるよ
    結局、それに尽きると思うんだよ

    ルーティンが崩れることへの対応は
    女は男より苦手な気がするし
    年齢を重ねたら尚更そう。

    決して家族がイヤとか嫌いとかじゃなくて
    自分のペースが崩れることがストレスなんだよね

    語り出すと終わらなくなりそうなのでこの辺で。

  2. sasa より:

    滞りなく進むように計画的に進めているわけだけど
    その水面下での働きをきづいてもらえることはないね。

    が、逆に、滞ったらそれはそれでいいのかも…
    と思ったり。

    う~ん、確かにここでは終わらない議論だわ。
    わかってもらえる人がいればそれで良しとします。

タイトルとURLをコピーしました