帰省の息子たち

感染拡大の危険エリアに住んでいながら
自分は大丈夫と過信して
コロナ感染予防の意識の低い子どもたち。

先日は53歳の議員の方もお亡くなりになり、
sasaの方は決して危険のない年代ではないので心配ですが
帰省してこないのはそれはそれでさみしい年末…。

ということで例年通り2人とも帰ってきました。
帰って早々、それぞれ泊まりでスキーや旅行にでかけ
いくら言っても危機感なし。
今日もまた出かけて行きました。

注意しても「はいはい」って受け流される。

親たちは決していつまでも元気なわけではないんだよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました