博多座『僕らこそミュージック』

■日時:2020年10月20日(木)13:00 休憩なし2時間
■会場:博多座1階E列サブセンター
■出演:井上芳雄、中川晃教

前回は匂わせ投稿しちゃいましたね。
すっかり遅くなりましたが
そうです、王子のコンサートです。

それもお相手はアッキー!
相手に不足なし!

千秋楽だったしセトリ公開してもいいよね。

オープニングは僕こそミュージックの
あのピアノの音。
あ~たまらんっ

*When Will I See You Again(王子×アッキー)
2人で歌いながら登場。
2人ともキラキラしたお衣装です。

まずはソロを1曲ずつ。
*人のツバサ~『SHIROH』(アッキー)
ゲキ×シネでも見てないんですよ。
新感線ですよね。

*チャリティ~『ダディロングレッグス』(王子)
はい、大好きなダディ。
名曲だなあと改めて思う。
後半どんどん盛り上がって、王子ってこんなに声量あったっけ?
と思うほど壮大な歌になりました。

*君の結婚式~『ウェディングシンガー』(王子)
これも懐かしいなあ。
後半王子が客席中央辺りから現れるんですよねえ。
なんかねえ、自分の観劇歴も蘇ってセンチメンタルに。

*君の瞳に恋してる~『ジャージーボーイス』(アッキー)
ソニンライブから2度目ですよ。
ジャージー公演自体は中止になってしまいましたが、
今年2回も聴けるなんて夢のようです。

*You’re Nothing Without Me~『City of Angels』(王子×アッキー)
2人で歌いました。
リズミカルでカッコいい。
この曲ねえ、正直、アッキーの方が上手です。
アップテンポはアッキーの方が似合うもん。
で、これが他の人だったらちょっと嫌な気持ちも入るんだけど、
アッキーだと全く問題なし。
アッキーは王子とは全く異次元の人なので、
別世界の人の素晴らしさは素直に認められる。

*カフェソング~『レミゼラブル』(王子)
王子の声にあいますねえ。
「あ~友よ~行くな」のところで
ステージの奥でアンジョたちのようにアッキーが幻として現れます。
ここで王子調子に乗り過ぎました。
あまりにもレミゼに出たいあまりに
マリウスのイメージ画像を作ってしまった。
いや、あれはマリウスか?はたまたアンジョ?
ABCカフェの誰かのイメージで衣装とカツラ、
ブラウス風の白いシャツで窓辺から当たりの様子をうかがう
の図。

sasa何度か書いてると思うけど、
レミゼの中でカフェソングが一番好き。
王子の声はあってるし、上手だけど
本来は涙涙の悲しいシーンが
このパロディ映像で会場笑いに変わる。

それとね、ここから王子の恨み節。
「僕、ずっとこの作品に出たいと言ってるんですけど。」
「アッキーはそもそもこの作品見たこともないらしいんです。」

からの

「昨日帰ってFNS見たら
民衆の歌やってて、
奥さんも出るから見てたんですけど」

ここで軽く奥様の話を挟んできた。

さらに

「見たらアッキー出てるじゃん!」

出たいと言い続けている王子は呼んでもらえず
見たこともないアッキーがちゃっかり入っている。

さきほどの「カフェソング」で
マリウスの後ろを亡霊のように歩いたのも
見たことないから
「こんな感じかなあ?」と歩いたらしい。

このやり取りかなりウケた。

次はアッキーソロで
*ボヘミアンラプソディ~QUEEN(アッキー)
まあ、想像してもらってわかると思うけど、
アッキーのボラプは素晴らしかった。
そりゃあフレディは唯一無二なのであれに勝ることはできないけど
日本人でモノマネではなくオリジナルで歌って成立するのは
アッキーではないだろうか。
そして王子も
「日本でボラプがミュージカルになることがあれば
アッキーやればいいじゃん」って。
これには会場一同激しく賛成!

長くなってきたのでつづきはまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました