舞台『真夏の夜の夢』

■日時:2020年10月17日(土)19:00 約2時間
■会場:東京芸術劇場プレイハウス D列24番
■原作:ウィリアム・シェイクスピア
■潤色:野田秀樹
■演出:シルヴィウ・プルカレーテ
■出演:鈴木杏 北乃きい 加治将樹 矢崎広
今井朋彦 加藤諒 長谷川朝晴 山中崇
河内大和 土屋佑壱 浜田学 茂手木桜子
八木光太郎 吉田朋弘 阿南健治
朝倉伸二 手塚とおる 壤晴彦

原作を読んだことがなく、
妖精パックが目を覚まして最初に見た相手を好きになる
「惚れ薬」を塗って、恋人同士がてんやわんやする喜劇
程度の認識。

が、野田秀樹が大幅に潤色して
さらにプルカレーテが演出してるから
あまり気にしなくてよいのかも。

お席は2列目でして、こちらの劇場は
発売時の1席空けのルールを継続して
きっちり左右席空いてました。
この点、発売日購入の観客には、とても嬉しく
劇場へのイメージアップしました。

舞台は老舗割烹に移されていて
全員白メイク。
妖精パックはいたずら好きの可愛いイメージかと思ったら
手塚とおるさん配役という時点で十分怪しい。
そこに「ゲーテ」ファウストが入って来て
ますます話をかきまわす。

主演は実力派・鈴木杏ちゃん。
すっかりテレビやめて舞台の人だよねえ。
下着同然の姿でステージをジャンプしながら駆け抜けていくんだけど
肢体がきれいで伸びやか。
矢崎広くんもジャージーで歌うかと思えばシェイクスピアでもご活躍。

結局全部もっていったのは
メフィストの今井朋彦さん。
最初はパックと一緒に人間を混乱させてると思ったら
パックまで閉じ込めちゃった。
まだらの白塗りのお顔に、
台詞をどこのともわからぬイントネーションでしゃべるので
如何わしさ極まりないのです。
身体の動きもなよなよシナシナ。
人間のダークな部分をあぶりだしてくる。

最後はまとまるのだけど、
いくら夜のお話とはいえ、
暗くて陰惨で、
なんだか嫌なモヤモヤ感が残されたけど
面白かった。
今井さんもっと見たい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました