ミュージカル『ビリーエリオット』大阪公演


■日時:2020年10月31日(土)17:30、11月1日(日)12:00、17:30
■会場:梅田芸術劇場
■出演:
ビリー/川口 調 利田太一 中村海琉 渡部出日寿
お父さん/益岡 徹 橋本さとし
ウィルキンソン先生/柚希礼音 安蘭けい
おばあちゃん/根岸季衣 阿知波悟美
トニー/中河内雅貴 中井智彦
ジョージ/星 智也
オールダ―ビリー/大貫勇輔 永野亮比己

森山大輔 家塚敦子 板垣辰治 大竹 尚 大塚たかし 加賀谷真聡 齋藤桐人 佐々木誠 高橋卓士 辰巳智秋 茶谷健太 照井裕隆 丸山泰右 倉澤雅美 小島亜莉沙 竹内晶美 藤咲みどり 井坂泉月 井上花菜 出口稚子

河井慈杏 菊田歩夢 佐野航太郎 日暮誠志朗 小林 桜 森田瑞姫 森田 恵
北村 栞 下司ゆな 咲名美佑 佐藤凛奈 髙畠美野 並木月渚 新里藍那 古矢茉那 増田心春 柳きよら
石井瑠音 高橋琉晟 大熊大貴 豊本燦汰 西山遥都

ビリーズ4人のうち3人観劇。
各回キャストはこちら
◆10月31日(土)17:30

◆11月1日(日)12:00

◆11月1日(日)17:30

まあ、いろいろ思うところはあって何から書くか迷うけど
ど真ん中、ビリー3人について
sasaの勝手なレビューを書かせていただきます。

最初が太一ビリー。
最初の歌い出しから歌はちょっとかなあ。
滑舌もあまりよくない。
初演の航世くんも観てないのでイメージだけですが、
表情が淡泊。
バレエダンサーは感情を内に秘めちゃうのかな。
が、バレエ出身なだけに、全ての動きが綺麗。
ジャンプもダントツ一番高い。ふわりと空に舞う。
白鳥の湖の天空をクルクル舞うシーンは見事だった。
それと、ラストのマイケルに呼ばれてステージに駆け上がり、
マイケルに走り寄るシーン、脚の運びが美しい。
全ての所作にバレエが出るのだねえ。

次は調ビリー。
インタビューでは滑舌が悪いって言ってたけど
そんなことないよ。
クリッとした目で表情がとてもいい。
可愛かったのは、おばあちゃんとのシーンで、
歯磨きするんだけど、コップに入れた歯ブラシが飛んだ。
拾うけど床が跳ねやすいのか歯ブラシが跳ねる。
焦る!
急がないとおばあちゃんがカビの生えたパン食べちゃう!
パンを取り上げるために走っていかないといけないのよ。
焦っただろうに、ちゃんとコップに歯ブラシ入れて
間に合った。
ここめちゃ可愛かった。
バトンって見たことないけど、きっとチアのように
表情豊かに演技するんじゃないかな?
演技経験もあるようだし、気持ち伝わるビリーでした。

そして海琉ビリー。
最初の歌い出し、上手い!
声がとても響く。
ボーイソプラノユニットで活動してるのね。
そしてタップも得意だからブギもアングリーダンスも安定してる。
怒りが溢れていてとても良かった。
メインビジュアルは海琉ビリーだから
一番華があったのでしょう。

個人的には調ビリーが一番お気に入り。

3人とも椅子を回しながらの白鳥の湖、
綺麗に回ってました。
自粛期間もいっぱい練習したんだろうね。

正直なところを書きますと、
初演の晴翔くんほどのスターがいなかった気がする。
不運なことに座席数を半分にしてチケットが売り出され、
規制緩和で慌てて追加発売になったものの
まだ警戒する人が多いのか買い足すファンが少ないのか
売れ行きはいま一つのようで
ロビーには割引のリピーターチケットの告知が並んでました。
やはりお客さん少ないと、拍手も少ない。
声が出せないから声援も送れない。
もっと応援してあげたかった。

他にもろもろありますので、また書きます。

コメント

  1. hiro より:

    待ってました!
    やはりバレエダンサーは動きが綺麗ですよね。でも感情を出さないから、こちら側に伝わって来ないと感じていた3年前。
    今年の公演はビリーたちにとっても可愛そうでしたね。
    初演ビリーたちはそれぞれ次のステップを歩き出しています。たまにTwitterを覗いて彼らのことをチェックしています😆

  2. sasa より:

    お待たせしてます。つづきも書きたいのですが、なかなか書けないうちに記憶が遠のきそうでマズい!
    初演時にオーディション落ちてリベンジした2人もいるし、不安な日々を過ごしたことを思うともっと盛り上げてあげたいのですが。
    それぞれ魅力があって可愛いです。見られなかったデニスくんはバレエだけでなく歌も評判良いですね。

タイトルとURLをコピーしました