ソニン20周年ライブ「Cheers」その2

ちょっと突っ走り過ぎましたが、みなさんついてきてますか?
それではつづきを始めますね。

ソニンのソロアルバムより
*「好きな人だから」
*「ほんとはね。」

ごめんなさい。歌手ソニンの歌は正直馴染みがなく…。

次に、新曲のお話になりました。
良くも悪くもソニンの代表曲である
「カレーライスの女」。
20周年ではそのアンサーソングの歌にしたく
楽曲をつんくさんに依頼。

この時期なのでメールのやり取りで制作を進めて行き
その中で…、

この内容はプライベートなメールでの話なので
つんくさんにも話してよいか確認した上での
公開ということでしたので、
sasaも書かせてもらいますね。

長いメールの中で突然出て来たつんくさんからの言葉…

ここでソニン、言葉に詰まってしまいました。
なんとか気持ちを抑えて絞り出した
つんくさんからのメッセージは

「声を大事するソニンには頑張ってほしい」

衝撃でした。聞いてるだけでグッとこみ上げる。

ソニンが普段バラエティなどで
異常なほど喉のケアに気を遣っている話をしているので
それへの言葉だったそうです。

*カレーライスの女
コンスタンチェのブルーグレーのドレスの衣装のまま
白いギターをかき鳴らす。
カッコいいです。

*シングルベッド
ソニンの気持ちが伝わってくる。

そして、
キンキーの話はあえてしないだろうと思っていたのですが、
きっと何か話すのであればソニンだけのために集まったファンの前で
と決めていたのかな。
ソニンにとって記念すべき20周年の10月18日
そのちょうど3ヵ月前があの日でした。

ソニンの思いはとても他人が想像できることではないので
実際の言葉だけ
「今思うのは、彼の魂が解き放たれてくれていればいいと願う」

そして「春馬へ」と空を見上げて歌いました。
*キンキーブーツ

ソニンの気持ちが溢れていて
こちらはもうずーっと涙が止まらない。
でも見事に歌い切るソニン、プロです。

ここで本編終了。

アンコール
*新曲「ずっとそばにいてね。」

歌手としてデビューしたソニンの
意外なトークがありました。

SPEEDに憧れて入った芸能界、
という話はよく聞いていましたが、
ここでソニンが話したのは
「大きな会場でコンサートをするという夢が果たせていない」
という思い。
そこには歌手ソニンを応援してくれたファンやスタッフに
申し訳ないというニュアンスも感じられました。

え~!大劇場の真ん中に立って、
トップ女優になって
みんなを幸せな気持ちにさせてくれて、
迷いなく突き進んでいるのかと思っていたのです。
そんなこと考えていたなんて驚きでした。
人の胸の中は他人には計れないものなのですね。

でも今に安住することなく
新たな高みを目指していくからこそ
今のソニンがあるのでしょう。

配信があることなどよく調べずに申し込んだのですが
やはり生は違いました。
マスクの上の目しか見えない観客に
ソニンは何度も「楽しんでくれてるかな?」
と呼びかけます。
でもついつい出てしまう笑い声とか
鳴りやまない、ほんとに感動のあまり止められなかった拍手
とかに私たちの気持ちも伝わったと思う。

これからどういう方向に向かうかわからないけど
ついてきてね、
みたいなメッセージで
20周年ライブは締めくくられました。

はい、どこまでも。

コメント

タイトルとURLをコピーしました