原田治展「かわいい」の発見


■会場:アジア美術館

オサムグッズ、ジャストな世代です。
ミスドのグッズ、どれも可愛かったけど、
学生の身分ではグッズがもらえるほど
ドーナツは買えなかったです。

会場内は当時を知っているとは思えない若い子がいっぱいでした。
キャラクターのイメージのファッションでキメテル女子たちも。

ほんとにどれもこれも可愛い。

本の装丁もこんなにいっぱい。

ポテチのキャラクターが原田さん作って知ってました?

ラクラク描いているようで
実際は緻密に計算されている。
色指示が精密なのはもちろん
きっちりした文字で、省略することなく一つ一つ
「青」「赤」「黄」「黒」が漢字で書かれてます。
後年はCMYKになってました。

ときどき原田氏の考え方が紹介されていて

●イラストに大事なのはテーマや内容にそっていること
ニーズに応えるためには作画スタイルを変える。
オサムグッズのスタイルが有名ですが
線画やパステル画のようなイラストもありました。

●本の装丁を描く時は中身を読み込まずさわりに止める。
表紙で内容のイメージを押し付けないようにかな。

そして、ラストにあったのがこのメッセージ。
ちょっとキュンとしちゃいますね。

グッズコーナーは当然人が溢れていて、
sasaはお弁当箱とハンカチをお買い上げ。

可愛い刺激をいっぱいもらいました☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました