井上芳雄 by MYSELFライブ


■日時:2018年10月27日(土)18:30
■会場:東京国際フォーラム ホールA 27列

番組先行で取ったのに27列?って思ったけど、
東京国際フォーラムって広いのねえ。
全体から見れば結構良い席だったわ。
そして、この広大な会場を満席にできる王子ってさすが。

開演前にスタッフさんに聞いてみたら
終演予定は21:45。
それでもすごいと思っていたら、実際はさらに大作となりました。

入場時にもらった袋の中にはサイリウムが。
最初にちゃあんと王子から「あとで使いますからね~」の説明が。
いつもながら優しい…。

2幕構成で、1幕がミュージカル以外のカバーなど
2幕がミュージカル曲。
といっても、その区分は明確ではなく
王子自身も昔だったら決めた通りにやってたけど
ゆるくなったらしい。
もう立派なアラフォーですからね。
丸くなったか。

真ん中にラジオ収録時のセットが組まれていて、
王子と秋山Dが向かい合って座り
その先には大貫さんとピアノ。

大貫さんはラジオと同じようにピアノを弾きながらおしゃべり。
普段ラジオ聴いてても思いますが、
大貫さんだんだんいい味出てきましたよねえ。
ボソッボソッと、飄々と面白く
王子大好きで、ピアノの技術はすごい。

ラジオ感を出すためにおしゃべりするもんだから
どんどん時間は押していきます。

最初のゲストは生田絵梨花ちゃん。
モーツァルトから「愛していれば分かり合える」。
客席がねえ、何故か男性が多い気がしてたんですよ。
これは絵梨花ファンだったのか。
王子だけでも席埋まると思うけど、
女性アイドル人気も保険としては有効なのでしょう。

歌については特に書かないけど、
1曲目から歌の上手さだけで涙出そうに感動。
この歌声聴くために、今日の難局を乗り越えて来て良かった。

そして2幕最初がねえ、ジェリクルソングだったのです。
sasaがキャッツマチネで聴けなかったジェリクル。
王子ありがとう~!

その曲の最後に、万里生くんが白猫で登場☆
コスプレは王子も聞いてなかったらしく会場大盛り上がり。

で、2人目のゲスト万里生くん。
どうしても男女デュエットがやりたい。
コゼットがやりたい。
でも、なにせ今日はゲストに本家の絵梨花コゼットがいる。
コゼット選手権をやろうということになり、
2人で「プリュメ街」を歌っているうちに、
あれ?いつの間にか万里生くん、エポニーヌにさせられちゃったよ。
悔しがる万里生くん。

絵梨花ちゃんにとってはミュージカル界のレジェンド、
万里生くんにとっては背中を追う憧れの先輩、
2人ともねえ、そして大貫さんもだけど
王子が大好き。

そんな中、ひとつだけクレーム言わせてもらえれば
汗っかきの王子が途中、ジャケットを脱いだの。
下は白いTシャツとベストね。
で、そのジャケットをセットと一緒に引かれてしまい、
「あれ?ない、まあいいや」ってそのまま歌い出したんだけど、
これがダサい。
ほんとファッションには興味ないんだろうねえ。
ここだけ惜しいわ。

で、この日の大事件、
堂本光一くんの登場。

幕間にツイッターチェックしてたら
「光一君来てる、オーラすごい」のつぶやきがあってて
なんかねえ、客席の真ん中くらいの列のセンターの方を
何人かのお客さんが振り返ってたの。
あのあたりにいるのかなあとオペラグラスのぞくもわからなくて。

王子がナイツテイルメドレーをやると言い、
「一人でやる」とやけに不自然に繰り返しながら一旦歌い切る。
と、そこで「これ、言っていいっていわれたから」
ってアーサイトとプランヴィーナの存在を明かす。
で、2人手を取り合ってステージへ。
ここできゃーっと黄色い歓声が上がらないのが
ジャニーズファンではなくミュージカルファンってところよね。

「聴いてて歌いたくなっちゃって」
じゃあ歌っちゃう?みたいな流れになり、
事務所大丈夫なの?と王子が心配しても
「いいからいいから」って
3人でもう一度メドレーしてくれました。

光一くんは黒の上下という無難なスタイルですが
萌音ちゃんは黒のセーターにチェックのスカート
という普段着。
おしゃれキャラではないからなあ、やっぱり野暮ったさは抜けない。
大好きな「牢番の娘の嘆き」をデュエット。
萌音ちゃんの歌いいわあ。
「ちょっとだけ泣いて~♪」のところが切なくて泣ける。

発声もしてないのにいきなり歌っても
やはりプロですねえ、舞台と変わらぬ出来栄えです。
翌日のラジオで「ステージに出られる服着てて良かった」
と言ってたので、ほんとに予定してなかったんだと思う。

結局ライブビューイングは途中で時間切れの終了だったらしく
会場でも途中で足早に退出するお客さんもいて
王子はそれも承知の上で「僕気にしませんからね~」って。

アンコールは「もう一曲やります」
と言って総立ちで「幸せのピース」。
楽しく一曲振り付き歌った後は、
みなさんもはやおねだりすることなく、おとなしく撤収。
時間にして3時間45分。

客層高いですからね。
みんな確実に疲れていた。

が、王子はいつものように一切疲れは見せずに笑顔。
王子はさあ、責任感強すぎるよ。
楽しませたいという気持ちを通り越して、
楽しませなきゃという使命感というか責任感というか。
途中でライブビューイング会場へも
一か所ずつ呼びかける気遣い。

あの2割引きくらいでやっても
お客さんは十分満足できるレベル。

が、その心意気が王子の魅力であることも事実なんだよねえ。
とにかくお腹いっぱい楽しんだ。
王子のファンでいること、
あの空間にいられたことが誇らしく幸せ☆

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です