映画『追想』


CMなんて見たことないのに、
劇場には列が出来ていました。
みなさま、原作者のイアン・マキューアン目当て?
年齢はお高めです。

原題は『初夜』らしい。
結婚式を終えてホテルで食事し、初夜を迎える2人を描きながら
それぞれの生い立ちや家族、2人の出会いなどが
少しずつ追想されて、観客もだんだん様子がわかってくる。

きっと時代背景が大きく関係しているのでしょう。
今より家庭環境の違いが大きい時代。
それでも乗り越えられるほど愛し合っていたはずなのに…。

う~ん、なんとか乗り越えられなかったのかなあ。
それほどに純粋だったということか。

少女のフローレンスがベッドに横たわるシーンがあって
んん?これは父親からの性的虐待?と思わせぶりだったのにもかかわらず、
父娘のその辺の関係性は全く出て来なかったのですが、
後から調べてみると、原作ではやはりその過去があるらしい。

なんとかなりそうなもんなのに、
と思ったけど、
実は様々なズレが積み重なっていて、それは修復できるものではなく、
一番好きな人だったからこそ、やはり無理だったのかなあ
と自分を納得させたりしている。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください