町田節@プリンスアイスワールド2018

BSジャパンでアイスショーの放映。

昌磨くんが観たいというのはあったけど、
今回の注目は町田樹くんの解説。

期待以上に町田節炸裂。

解説の仕方が全く違う。
文語的というか、詩的なのよ。
例えば、田中刑事くんの「椿姫」。

「水面がシーンと静まり返るイメージを喚起させる
静かで自然なランディングです」
「アームスの使い方が直線的だったのが、
アームスによるプレゼンテーションを
かなり意識的に取り組んできた印象です」

こんなこと言う人いる?

それぞれのスケーターの魅力も彼独特の言葉で表現してくれる。
本田武史くんはあんなにぽっちゃりしてて大丈夫・
と思って見てたけど、あんなに安定したイーグルができるのは
本田くんだけらしい。
昌磨くんはクリムキンイーグルが特徴と思ったら
高速スピンだった?
などなど。

解説者としてとても魅力的だわ。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です