演劇『1984』

■日時:2018年5月3日(木・祝)17:30 上演約2時間
■会場:新国立劇場 小劇場
■出演:井上芳雄 ともさかりえ 森下能幸 宮地雅子 山口翔悟 
神農直隆 武子太郎 曽我部洋士 堀元宗一朗青沼くるみ 下澤実礼 本多明鈴日

楽しいメリポピの後で、こちら。
う~ん重たかった。

党によって規制され、家には監視カメラが設置された世界。
それに反逆すると、特別室に連れて行かれて拷問。
ちょっと組曲思い出しますね。
この拷問シーン結構きつい。
悶絶するウィンストン(王子)。こういうの上手だもんね。

「2+2は?」

「4」

違う!→拷問

「2+2は?」

「4」

違う→拷問

こうなってくると、だんだん何が正解かわからなくなる。
もう拷問さえなくなればなんでもいい。
正しい判断が出来なくなる。

ウィンストンは結局、その政党に改心し、
そこに落ち着き、最後には「ありがとう」とさえ言う。

最近ねえ、街中に監視カメラ多いよねえ。
エレベーターで鏡とか見てる時、
「あ、これってカメラで見られてる?」って思うし、
街歩いてる時も、どこにカメラあるかなあって確認したりして。

難しかったので、パンフを買って読んだんだけど、
興味深かったのは
「統制されたこの1984の世界は幸せか」
を議論すると、必ず「幸せ」の方が勝つらしい。

監視されること、プライバシーのないことは精神的に嫌でも、
それが犯罪がなくなる、とか、統制が取れる
とかいう理論には負けてしまうらしい。

こういうことっていかにも起きそうよね。
犯罪者にはGPSを埋め込もうとか、
それって倫理的にいいの?
山手線の車両にも監視カメラ設置って。

犯罪はトイレで仕込まれるとかいうデータが出たら、
もしかして、駅のトイレ内にはカメラ設置とか?

最近の事件がカメラのおかげで解決してるのは事実だけど、
狂気の世界にはいかないようにしないと。

お芝居セットの模型。
途中、王子とともさかりえちゃんが、
「ここは監視カメラないから」という部屋に移動して
舞台から消えてしまい、映像だけが映る。

観客はここで、なあんだ、映像映して王子たち少し休憩ね、
って思うんだけど、
最後に奥のカーテンがあって、
王子たちはそこで演じてたことがわかる。
それを観客たちはカメラで監視してたってこと。
ゾッとしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください