NHK「光と影二人のダンサー~紅白舞台裏のドラマ~」

タイトルが「ダンサー」だったので観たのです。
昨年末の紅白歌合戦で、平井堅さんの歌う「ノンフィクション」で共演した
義足のダンサー大前光市さんのドキュメンタリー。
テレビで見てとても良かったので興味があり。

が、それ以上に吸い寄せられたのは
振付が辻本知彦さんだったこと。
この番組のもう一人の主役が
シャオチャン公演の「GABBY」に出演していた辻本さんだったのです。

大前さんと辻本さんは同じオーディションを受ける予定だったのに
大前さんは直前の交通事故で左足を切断。
辻本さんは合格し入団、世界に羽ばたく。
その劇団とはシルクのことですね。

初日に辻本さんは振付をほぼ完成させて来て、
大前さんはそれを猛練習して、次の練習日に披露。

振付をきっちり覚えてきれいに踊る。
義足とは思えないダンスにスタッフたちから拍手。

が、辻本さんは不満げな様子。

素人ながらねえ、sasaも感じました。
この段階では「はい、振付きれいに踊りましたよ」だったのです。
今回求められるのは、もっと伝えること、表現すること。

「ノンフィクション」という曲の、生きることの葛藤を
もっと身もだえしながら伝えなければならないのでは…と。

ときどき挟まる辻本さんのダンス映像は
やはり世界のレベル。
「GABBY」の時は、コミカルな役だったから、
そこまで辻本さんの凄さは堪能できてなかったけど、
こんな方だったのね。

辻本さんはいろんな手を使いながら、
大前さんの動きと内面を引き出していきます。

2人で作りあげたダンスが、あの紅白のステージです。

本番やり遂げた大前さんに、辻本さんは泣きながら駆け寄りました。
練習中はとても厳しかったけど、
愛ある方なんだなあと実感。

2018年2月1日(木) 午前1時00分(52分) に再放送。
見逃した方は是非!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です