センター試験まであと67日

次男の進路説明会でした。
ゆるいし成績もふるわないので
次男からは情報が入ってきません。

少なくとも、出願時期とかスケジュールは把握してかないとね。

最初のご挨拶も進路指導の先生も
「今、子どもたち、頑張っています。
今はまだ判定はDとかEかもしれませんが
必ず伸びます。あきらめずに応援を」
の話のみ。

学校と家庭一丸となってがんばっていこ~!
の決起集会のようでした。

こんな指導だから、あんなに成績悲惨でも
次男あきらめないのね。

「2ヵ月前を考えてみてください、
子どもたち運動会で踊りまくってたんですよ。
今はまだ成績上がるはずがありません。
辛い時期ですが、頑張れば上昇曲線です。
DやEは当たり前。
逆にAとかBなら、なぜもう一段階レベルアップを目指さないんだ!
という話になりますよ」。

はあ、こんな話を次男はいつもされているのか。

同じく無理がある志望校を目指すお友達ママも
面談の時「全く問題ありません」と言われたらしい。

同じE判定でも、伸び中のEと、
どう考えても無理なEがあるでしょ。

sasa、今無職なのですし、
もう少し現実をみつめてほしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました