FINISH!〜ビリー・エリオット


■日時:2017年11月3日(金・祝)12:00
■会場:梅田芸術劇場 14列サイドブロック
■出演:

サクちゃん観ると思ってたら、
まさかに日程間違いで、和樹ビリーを取っていて、
和樹くん交替での力ビリーとなりました。

力ビリー、最初の歌い出しから泣けました。
とにかくピュア。
存在自体があんなにピュアで透明感があるのは、
作ろうとしてできるものではなく、
力くんの内から出る生まれ持った才能だと思う。
なんでこんなに真っすぐなんだろう。
それだけで感動的でした。

力ビリーにみんなが入れ込んでしまうのは、
やはりビリーそのものだからでしょう。
ダンス経験もない、ただの男の子だった力くん。
なんの確約もないのに、シンガポールからひとり東京に来て、
練習を重ね、一度は落選しながら、勝ち取ったビリー。

客席もそれを知ってるし、基本的に親以上の世代だから
その健気さにまた泣ける。

数日前に体調不良で降板してて、
この日が万全だったのかはわかりません。

が、最初のおどおどした表情から、ラストのフィニッシュ!まで
とってもビリーだったよ。
ダンスはねえ、足があまり高く上がってなくて、
多分まだまだ経験が足りないのだろうと思うけど、
ブギの縄跳びタップも、最後のピアノからの回転飛び降りも見事。
栗山さんとの競演も心に響くものでした。
最終的に、一番得意だったのはアクロバットだったのかな。
Electricityはアクロバットが目立ってた気がします。

もうお一人、感動だったのはカホキンソン先生。
前回のユズキンソン先生でじゅうぶん満足だったのに、
歌穂さんの愛情はそれを超えるものだった。

歌穂さんって歌が上手な方だと思ってたけど、
お芝居が素晴らしいのね。
ビリーとのお別れシーン
自分のことなんて忘れなさいと言うその裏側のビリーへの愛。
カテコでのご挨拶でも、この日卒業するキャストへマイクを回す愛。
一番大泣きしていたのが歌穂さんでした。

力くんは、ご挨拶で泣かなかったですよ。
体調が万全でない中、やり遂げたことにホッとしてたのかな。
これでFinish!
座長の立派なご挨拶でした。

力ビリーを見届けられたこと、
本当に幸せでした。

コメント

  1. hiro より:

    sasaさん、おっしゃるとおりです!
    力くんはピュアボーイですね!
    私も驚くことに最初から自然に涙が流れていました。
    舞台に引きつける想いの強さ、とくに力くんのElectricityは
    想いが溢れ出ていて大好きなシーンです💓
    大千穐楽の後はガマンしていたけど外に出て大泣きだったようです、、
    これからのことはまた家族会議だと言ってましたね。
    シンガポールに戻らないのかな?

  2. sasa より:

    ほんと力ビリー観られて良かったです。
    おけぴで、千秋楽のハルトビリーとの交換が出ていたのですが、
    貴重な楽チケットになかなか手が上がらなかったのも
    力ビリーの人気ということでしょう。
    きっとお母様もみえていたのでしょうが、残念ながら認識できず。
    お母様こそ、誇らしい自慢の息子ですよね。
    未来ある5人、また会える日が楽しみです♪

タイトルとURLをコピーしました