ひとりローストビーフ

長男帰省で実家にお盆のお参りに行くと、
愛する孫のために、おばあちゃんは豪勢にも
ローストビーフを用意してくれていました。
※写真撮り忘れ

「うわぁ、良かったねえ、ローストビーフよ」
と騒ぐsasaの横で、長男
「ローストビーフ、家で作った」

???

一瞬なんのことかわからず。

ササメモご愛読の方は覚えていらっしゃるかもしれませんが、
正月の帰省時に、自作の栗きんとんを携えて帰って来た長男。

に続いての驚き。

ちゃんと中心部はレアにできるん?
ローストビーフ用のお肉高いやろ?
誰かにふるまったん?

いろいろ疑問が湧きます。

作り方は炊飯器で、いい感じにできるそう。
ネットで、きっとクックパッドか何かで調べたのでしょう。
お肉は100g200円くらいだったというから心配になる安さ。
お友達が来る時ではなく、一人で作って一人で食べたらしい。

そもそも、一人暮らしでローストビーフを作ろうという発想にならないし、
sasa、作ったことないぞ。

全ての行動が不可解。

コメント

  1. ややや より:

    昨日はどうも。「きんぎょ」のお料理、美味しかったね。
    それにしても、長男くん、ただ者ではないね、ひとりローストビーフなんて。
    彼にとっては面白いし、美味しい実験なのだろうね。

  2. sasa より:

    こちらこそ、昨日はありがとう。
    麺までたどりつけなかったのが残念。
    長男、母にしても理解不能。
    どういう味だったのか食べてみたい。

タイトルとURLをコピーしました