ブリューゲル「バベルの塔」展


これこれ行きたかったのですよ。
細かくて壮大で、なんだか怖い

その昔、みんなが同じ言葉を話して塔を作っていた。
こんなことでは人々が何か企てた時に防げない、
と、神が人々を各地に飛ばし、バラバラぐちゃぐちゃにする。
なんだか、神、心が狭くない?
よほどひどいことをしそうに見えたのかしら。

塔を作る様子の描写が細かい。
レンガを滑車で上げ、擦れて赤くなる壁面。
粉をかぶった人々。
聖書に基づく絵なので、詳しくは全くわからないんだけど、
憑りつかれたようになる絵でした。

会場の作りもよくて、ネザーランドの画家から、至宝ボス、
ブリューゲルと続いて、最後に塔が用意されています。
期待が高まったところで塔と対面。
もっと大きな絵かと思ったら、意外にこじんまりと小さいのです。

みんなじっくり細かいところまで見たいけど、
そんなことしてたら人がたまって大変なことになるので、
とにかく立ち止まらずに進み、対峙できるのは一瞬。
何度か列に並び直して、数回向かい合いました。

この高まりの後、ミュージアムショップが用意されているのですが、
みんな憑りつかれているものですから、血眼になってグッズを探しています。
すっかりバベラーです。
sasaは、いつもの絵葉書におさえときました。

で、朝、ネットでチェックしていたワークショップへ。

ブリューゲルの絵から一部を写しとり、缶バッジを作るというもの。
どこを取っても絵になるので悩むのですが、
sasaはここにしました。

こんな素敵な缶バッジができました☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください