伊藤若冲展後期@相国寺


流行りの若冲。
そもそも京都の絵師ですからね。

カラフルな方ではなく、鹿苑寺ほかの襖絵の水墨画が中心です。

筆の運びがねえ、
濃淡といい勢いといい、
今の何度でもやり直しがきくデータとはわけが違いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください