ミュージカル『フランケンシュタイン』


■日時:2017年2月11日(土)12:00 1幕80分、休憩20分、2幕80分
■会場:1階M列サイド
■出演:
ビクター・フランケンシュタイン/ジャック :中川晃教
アンリ・デュプレ/怪物:小西遼生
ジュリア/カトリーヌ:音月 桂
ルンゲ/イゴール:鈴木壮麻
ステファン/フェルナンド:相島一之
エレン/エヴァ:濱田めぐみ  ほか

韓国発のミュージカル、おそらく初めて。
これでもかと内容詰め込んでて展開が多く、
濃かった~!
歌は、音程の波がすごくて揺れます。
きっととても難しい曲なのだと思う。

基本、アッキーが見たくて取ったキャスト日でしたが、
いやいや、これ、主役小西君?って思うほどの熱い怪演でした。
オープニングのシーンから、所謂パンツ一丁で登場。
そのあられもない姿で、身をよじらせてのたうちまわる。

小西くんといえば、お坊ちゃまマリウスとか、
「ジェーン・エア」でもスーツがお似合いだったし、
品のいいイメージだったのですよ。

それが今回は新境地じゃないですか?
歌のシーンもアッキーより多かったと思うのよ。

お友達の話によると、加藤くんは歌がイマ一つということだったから
これは小西くん、上っていくのでは?

アッキーは、2幕のジャック役はハマってたんだけど、
主役のわりに歌披露が少なくて、アッキーの歌唱力がもったいない。

1幕始まった時に、アンサンブルの合唱でもなんだか音がくぐもってて
台詞も聞こえにくかったの。
アッキーの歌でさえ、なんだかボンヤリしててキレがない。

が、そんな中登場しためぐ様。
歌声響き渡りましたよ。
格の違いを感じました。

2幕なんて、怪しい芝居小屋のマダム役。
凄まじい迫力で怖いわあ。

音月さんも歌うまいわぁ。
宝塚といえば、高音はきれいに出るものの、
低音がきっちり歌えないイメージだけど、
音月さん、どの音域も安定感ある。

メインの女優さんお2人が完璧だったので、安心できますねえ。

壮麻さんは1幕のルンゲでは、登場人物の中で一人コメディアンで、
2幕ではハリボテみたいな恰好ながらもダンスしてて
とてもチャーミング。

不気味な感じなのだろうとは思ってたけど、
予想以上に悲しいお話でした。
ビクターもアンリも辛い…。
最後も誰一人救われず…。

今日がアッキー×小西キャストの千秋楽だったそうです。
カテコではがっちり手を組んでました。
一緒に作り上げた同志!ってことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください