博多座『天使にラブソングを』2回目

■日時:2017年1月21日(土)17:00
■会場:博多座 3階C列サイド
■出演:
デロリス:森公美子
カーティス:大澄賢也
石井一孝、春風ひとみ、浦嶋りんこ、宮澤エマ
泉見洋平、KENTARO、上口耕平、今井清隆、鳳蘭 ほか

前の会社の同僚&お母様&おばあさまをお連れするので、
王道キャストでチケット選んだ公演でした。
森久美さん&賢也さんキャスト日の週末公演、
ということで、チケット即売でした。

それだけに、安定感のあるステージでした。
やっぱりあの圧倒的な存在感という意味では
森久美さんに軍配だな。
禅さんも良かったけど、カーティスの厭らしさを考えると
賢也さんがお似合い。
ダンスのセクシーさももちろんだしね。

2回目なので、エマちゃんと上口くんを前回以上に堪能できました。
上口くん、メインの出どころじゃなくても
後方でなにかと動く、というかダンス的な動きをしているのです。
いずみんとKENTAROさんと3人で踊っていても
カタチが違うんだよなあ。

カテコの意味ないステップやダンスの猛アピールぶりにも
目が離せず、笑ってしまうほどに釘づけ。
4月の大野幸人くんとのダンス公演、真剣に検討中です。

やっぱり一番好きだったのは、夜中にデロリスの寝室にシスターが集まってくるシーンで、
デロリスを慕うシスターたちが愛おしくなります。
そこからの、エマちゃんのソロは圧巻。
静かに語るように歌い始め
最後は伸びやかに響き渡る声で歌い上げる。
実力も可愛さも兼ね備えて、今後おおいに期待します。

会場も大盛り上がり、
同僚ご一家様もたいそう満足されて
お誘いしたsasaも嬉しかったです。

天ラブについては、2回目にしてマイ楽。
あ~楽しかった☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください