バンテア・スレイ

アンコールワット、アンコールトム、タ・プロームという
シェリムアップという拠点の町から近場が
絶対に外せない小回りコース。

そこから2日目は遠方の大回りコースをいくつか巡ります。
ホテルに交渉して、車を手配してもらい、
ガイドなし、ドライバーのみで65ドル。
旅行会社に頼むと120ドルとか書いてあるので
ほぼ丸一日チャーターと思うと、かなりお安かったのではないかと思います。

行きたかった「バンテア・スレイ」と「ベン・メリア」に
ホテルの提案で「クバール・スピアン」を組み合わせました。
朝8:00に出発。
新しくはないけど、トヨタのワゴン車のようなしっかりした車です。
ホテルでは「トゥクトゥクでも行けるよ」みたいに言われたけど、
片道2時間もかかるし、舗装もされてない道を
ガタガタ左右に揺すぶられることになるので遠距離には厳しい。

が、実際にはトゥクトゥク利用の観光客も何組か見たので
強行軍であればアリなのかも。
でも、ホテルの言い値では10ドルしか変わらなかったので、
sasaとしては車で正解!

「バンテア・スレイ」と「クバール・スパン」には
アンコールワット遺跡群の共通チケットが必要です。
なので、1日目に行ったチケットセンターにまたまた行って購入。
チケットは本当にここしか売ってないので、買い損ねたらどうなるんでしょうね。

そして、このチケットのチェック方法がまた変わっていて、
車でぶーんと移動中になにげなく検問のようなものがあって、
そこでチケットを見せます。
遺跡自体でチェックの時もあるのですが、
なんとも中途半端な場所に、チェックするお役人だけがいるという
非効率に思えるやり方なのです。
そして、チェックの仕方といえば、
チケットに載っている写真と実際の顔をしげしげと見比べるという
意外に慎重なのも不思議。

バンテアスレイの魅力は紅色砂岩の美しいレリーフ。

メインとなる画像がガイドブックに大きく扱われているので
大きな壁画なのかと思ったら、
門の上にある、意外に小ぶりなものでした。
*アイラーヴィタに乗るインドラ

*象の聖水を浴びるラクシュミー

でもとにかく美しい。
彫りが深く、影となった部分の黒がくっきり際立って
地の紅がかった茶色と黒のバランスが素敵。
その優美さから「女の砦」と言われているそうです。

はるはるカンボジアまで行くのですからこちらまで足を伸ばすのはおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました