舞台『鱈鱈』


■日時:2016年11月26日(土)12:30
■会場:キャナルシティ劇場
■作 :李康白(イ・ガンペク)
■演出:栗山民也
■出演:藤原竜也、山本裕典、中村ゆり、木場勝己

倉庫の中に住み、毎日箱を運ぶ2人の男。
指示通り間違えずに箱を運び出し、運び入れる。
決して間違えてはいけない。何度も確認して、真心を込めて。
間違えれば誰かに迷惑がかかる。大変なことが起きるかもしれない。

とにかく実直に箱を運ぶジャーン(藤原)。

がね、この仕事に飽き飽きのキーム(山本)がわざと箱をすり替え、
そのまま出荷されてしまっても、
何も起きなかったのよ。

誰からも褒められるわけでもなく、怒られるわけでもなく、
でも、そうすることがジャーンの存在意義だったのに、
そうしなくても何ら変わりはなくて、
そうなると、これまでやってきたことは一体なんなの?

昔は「じゃがいも」とか「人参」という箱だったのも、
今では箱に振られたナンバーのみで識別。
中身がなんであるかに意味はない。

2人が暮らす倉庫にしたって、外からすれば「●●番倉庫」というだけで、
その中に誰がいて、何が行われているかは問題ではない。

仕事に真心を込め、キームを母親のように愛してきたジャーンだったが、
「今よりはまし」なトラック運転手になり結婚するキームが出ていく時には
「行かないでくれ」とすがる。

大事にしてきたものがわからなくなる。
この先、何を頼りに生きていけばよいのか。

あーやるせない。

藤原竜也くん、闇のある役が多いし、
こんなにピュアな青年役は珍しい気がするけど、
とても繊細でした。
そして、山本くんもテレビでへチヤラっとしてるけど、
前回『じゃじゃ馬ならし』で見た時よりもずぅ~っと良かったです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました