阿佐ヶ谷スパイダース『はたらくおとこ』


■日時:2016年11月23日(水・祝)18:00 1時間20分休憩なし
■会場:キャナルシティ劇場
■作:長塚圭史
■出演:中村まこと、池田成志、中山祐一朗、伊達暁、松村武、
池田鉄洋、北浦愛、富岡晃一郎、長塚圭史

これまでことごとく玉砕している長塚作品。
いつもエグくてグロくて気分が悪くなる…と言いながら
レビューはいいし、今回こそはと期待してしまう。
特に今回は、みなさんが「笑いの渦」とか書いてるし
もしかしてもっとすっきり明るく楽しめるのかもしれない。

が、いくらか軽かったとはいえ、気持ちの良いものではなかった。

2004年の初演と同じメンバーで12年ぶりに再演。

どうも、当時はフィクションだったものが、
今や現実を超えてしまったらしい。

以下ネタバレです。

前半こそ、仕事のないのんびりしたリンゴ園でのやりとりなものの、
中盤から、毒性の強い農薬、それを誤飲して血だらけになるおとこ。
何やら運ぶだけで大金をもらえるトラックの荷物。
その荷台は決して開けてはならない。

など、とにかく不穏。

農薬にしても、バケツの中身にしても、もともと人間が作りだしたもので、
作った人間がそれに報復されるという辺りが、現実世界・震災を超えたということか。

最後に残った2人がそのバケツの中身を捨てず、残さず、「食べる」という行為に出る。
人間が作りだした悪魔の始末を自分がつける。
アメーバのような液体をべちゃべちゃむさぼる姿はとにかく気持ち悪い。
そして、その中にリンゴをみつけ、これこそが探していた味だと言う。

舞台上がもうぐちゃぐちゃな状態なところで突然暗転し、
どうも夢オチだったらしい。
大罪を犯した夏目(池田)を茅ヶ崎(山本)が「赦す」と言い、
またみんなでリンゴを作ろうという前向きのようなハッピーエンドのような
よくわからないエンディングにポカン。

ネットでは称賛レビューが多いから、sasaの理解力が足りないのかなあ。
何度トライしてもわからない。
役者陣はみなさん渋くてカッコよかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました