兄弟の会話

お友達の弟が学校に行きたくないと言って2日間学校をお休み。
お母さんも相当心配されてます。
うちの子たちがそんなことになったら
ササどうしていいかわからないよぉ。

だからといって、どうしても行けない理由があるのに、
無理して登校させて精神的に追いつめてしまう
なんてこともあるかもしれません。

と、心配になったので、子どもたちに聞いてみました。
「学校に行きたくないと思う日ある?」
「そりゃあ、あるよ。」
ビクッ、やっぱりあるんだ。
子どもたちなりに何かトラブルを抱えてるかも…。

ササ「行きたくないのってどんな時?」
長男「国語算数理科社会の日とか、宿題チェックの日とか…」
次男「算数プリントの日とかサイアク〜!」
はあ?そういう意味じゃないんですけど。
「お友達と仲が悪くなったとか、先生に怒られたとか、そういうんじゃないの?」
「いや、関係あるのはその日の授業の科目やね。」
兄弟二人で口を揃えます。
なあんだ、そんなことかと、ひと安心。

さらに「でもお友達とケンカした時とかは?」と聞いてみると
「ケンカしても次の日は消えとうし」
「問題ないん?」
「うん、次の日は普通。あ!でも女子は次の日も忘れんね。」
ここはまた兄弟の息ぴったり。
「そうそう、女子はいつまで〜も覚えとうもんね。」
うなずきあってます。

ふんふんそうですか。
平和な会話で良かったです。

コメント

  1. taki より:

    あはは!2人は平和そうで良かったけど、「女子は忘れない」って、思わず笑ったよ。
    私も前、夫とケンカしたとき昔の話を持ち出して、「そんなの忘れろよ!!」って言われたことがあるわ。
    ところが、絶対忘れてあげないのよ☆

  2. sasa より:

    2人とも男の子らしく、翌日にはさっぱりしてるというので安心しました。

    私も執念深さには自信あり。
    昔の話を持ち出したくなるのもよくわかる。
    私たち「女子」だからね。

タイトルとURLをコピーしました