舞台『ヒトラー、最後の20000年~ほとんど、何もない~』


■日時:2016年8月27日(土)13:00 2時間20分休憩なし
■会場:北九州芸術劇場 中劇場 G列サイド
■作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■出演:古田新太、成海璃子、賀来賢人、大倉孝二
入江雅人、八十田勇一、犬山イヌコ、山西惇

大好きなケラ作品が古田さんとの最強タッグ。
かなり期待して見に行ったのですが、
ほんとに最強のナンセンスで、
タイトル通りの「何もない」。

ケラも古田さんも事前のPR映像でさんざんそう言ってますけどね。

芝居中は面白いのですよ。笑い続けで、台詞も聞き逃せない。
大倉節も炸裂だし、ヒトラーが古田さんから入江さんに入れ替わるのですが、
古田さんのすごさがよくわかる。
役へのハマり方とはっきりした台詞がさすが!

このお芝居、マイク無しの地声でしたね。

成海さんに古田さんが「舞台は初めてか?」「いいえ、2度目です」
と2回聞くのですが、これって事前のフォロー?
成海さんは声量が足らない分をカバーしようとしているのか、
金切声的に声をあげるので、聞いてて気持ちのよいものではない。

賀来くんは『スパマロット』以来、何度かお芝居見ていて好きな役者さんで、
今回も不思議なアフリカ人をとても上手に演じてました。
とぼけたコメディがいいですね。

何か少しはテーマがあるのかと思ったら、そのまま終わりました。
そのころになって、ああ、これはナイロン公演ではないのだと気づく。
キューブ所属の役者さんによる公演なのだ。

ナイロンの、ナンセンスに笑い転げながらも、
説教臭くない、でも、ああ、痛いとこ突くなあというテーマが好きなので、
ただ最後までくだらないだけというのはちょっと…。

次に期待しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました