キング内村

体操好きですから、もちろん個人総合も早起きして見たわけですけど、
内村選手、2連覇おめでとうございます。

最終種目が鉄棒っていいですよね。

アテネの富田選手の鉄棒を他国選手も含めて
みんなで見守った時を思い出します。

着地がピタリ。

で、王者になった内村選手へのコメントを求められた加藤選手が印象的。
・決勝で(他の選手と)一緒に演技をして自分だけ取り残された感じ
・これまで団体を意識して、リスクの少ない演技を心がけてきた

はあ、そういうことなのか。
ミスのない演技を課された加藤選手は、確実に決める役を担っていたのね。
なので、高難度の技は控えなければならない状況にあったんだ。
おかげで、団体総合は優勝できたわけだけど、
個人総合となると、トップレベルの中では物足りない演技構成となるのか。

そういう戦略とか人間関係とかもろもろのものを抱えながら
勝利を取りにいくのね。
加藤選手のチームへの献身にちょっと切なくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました