博多座『エリザベート』2回目

■日時:2016年8月9日(火)12:00
■会場:博多座 1階H列サイド
■出演:

今回は、お友達をお誘いしての観劇だったので、奮発して唯一のA席です。
あ~久しぶりの1階席。
やっぱ違うねえ。
役者さんたちのお顔が見える。

初日は全くわからなかった横沢さんも、いろんな役で登場されている。
2人目の母、のところで、せせら笑いを浮かべてる。
今回、結構悪役系が多いなあ。

3階からは見切れるルキーニとトートももちろん見えるし。

トートって、最前のセンターに立つのね。
あのお席だったら卒倒しそう。

そして何といっても今回の嬉しい予想外は
成河ルキーニでした。

松也くんも良かったし、いくさぶろ君でも十分だったのです。
が、成河ルキーニ、その上をいってました。
なんともいかがわしく厭らしい。
表現力がすごいです。
声量もあって、舞台の上で生き生きと立ち回ります。

『情熱大陸』で王子にジャレついてたから、
お若いのかと思って調べたら、あら35歳。
役者のキャリア長いのね。
あ~、未來くんじゃないから観なかった「100万回生きた猫』の再演
見るべきだった。
あの作品はダンスセンスが結構いるとみたけど、
しなやかな猫の動きもできるのかしら。
今度からキャスト選びには成河ルキーニも入ってくるなあ。

それと、どんどん感情移入してしまうのがフランツ。
sasa、フランツが一番好きなのかも。
最初はお母さんの言うがままで、キョトンとした表情、
エリザをお見合いして、一目ぼれ。

でも、結婚直後から、お母さんの味方をしてエリザに冷たくされ、
与えられた娼婦にうかつにも手を出し、エリザに愛想つかされる。
息子にも反逆され、追っかけて行ったエリザにも激しく拒絶され…。
あ~切ない。
万里生くん、若いのに、後半の人生の深みも感じられていいわあ。

お友達ももともと王子目当てということでしたのでお誘いしましたが、
「この役、一番いいんじゃない?」というくらい気に入ってくれました。

ほんといいです。
あと3枚あります。
なんやかや言ってても、やっぱり楽しみ♪

コメント

  1. ややや より:

    成河ルキーニ、さらに上をいく素晴らしさだったのね。
    『ハムレット』や『サロメ』で拝見したけど、
    安定感があって、実力者って感じ。
    話は変わるけど、浦井健治くんが(派手な活躍ではないかもしれないけど)
    数年前の『ヘンリー6世』につづき『ヘンリー4世』とか
    『哀れ彼女は娼婦』とか、渋め?の作品で主役を射止めていて、凄いなあ、と。
    演劇界ではすごく期待されているんだと思う。

  2. sasa より:

    成河さん、観たことあるのね。
    私、初見だったのよ。
    きっと四季出身の方なんだろうと思って見てたら、どうも様相が違うなあと思って。
    ねこも見るべきだったわ。
    いくさぶろルキーニもしなやかで良かったけど、どうしても気品があるからね。

    浦井くん、あの愛されキャラと実力のギャップもいいんだろうねえ。
    最近、3人であえてくだらない路線にも出演中だけど、
    この世界となると浦井くんひとり勝ちなのよね。

    あと、ヤフーニュースでも紹介されてたけど、
    キンキーブーツのソニンも良いらしい。

  3. hiro より:

    やはり成河さんはすごいのですね!!!
    「ハムレット」「ビッグ・フェラー」今春の「グランドホテル」と観ています。
    演技や表現の仕方、演劇のことを深く考えている俳優ですよね。
    おけぴのインタビュー記事もとても興味深かったです。
    芳雄くんは成河さんの顔が好き?だそうで、仲がいいようですよ。
    成河ルキーニ観たかったです!

    それと万里生フランツいいですよね!
    個人的にはシュガーさんより好きかも・・
    博多座熱く盛り上がっているみたいですね。
    あと3回もお楽しみがあるなんてうらやましい!

  4. sasa より:

    はい、予想外でした。
    なんか次元に違うルキーニだったのです。
    いくさぶろ君、ボヤボヤしてられませんね。
    またまた気になる俳優さんが増えてしまい、困ったもんです。

    万里生くん、特に後半のフランツの痛みが切々と伝わってきます。
    博多座は万里生君シングルなのです。

    例の発表直後だったので、チケット取り過ぎたかと思ってたけど、
    やっぱり素晴らしいので、追加したくなったりします。

タイトルとURLをコピーしました