博多座『エリザベート』初日


■日時:2016年8月6日(土)12:00
■会場:博多座 3階A列サイド
■キャスト:

いよいよスタートしました。
博多座エリザベート。お待ちしておりましたわ。

3階から見下ろしての観劇。
新演出では2回目とはいえ、またまた初めて気づくことが多く、
今まで何見てたんだろう?
最初のシーンはアンサンブルさんたちかと思ったら
ルキーニがみんなを墓場から蘇らせて、
物語を再現しているので、全員が勢揃いしてるのね。
ボロをかぶったフランツやゾフィー、ルドルフなどの姿が
3階席ならではでよく見える。

王子は、前回の妖艶さよりも、今回は自信に満ちた強いトートになっていました。
お顔も立ち姿も美しい。
膝を立てて座るシーンが多いのですが、これが綺麗なのよねえ。

歌は、完璧なのはもちろん、低音に重厚感が増して響き渡る。
エリザの曲、というかトートは、低い曲が多くて、
高音だけでなく、低音も正確に出す王子は
やはり歌を専門に勉強した人だなあと改めて思う。

同じく万里生くんも安定感。
エリザを見初めた時のラブラブ感から、
皇帝の義務を重んじ、苦渋の日々を送る人生の深みを増していく様が
とても良い。

ルキーニはいくさぶろ君。
帝劇で見た時は松也くんだったので、初見です。
レディベスの時も思ったけど、こういう狂言回し的にしなやかに立ち回る役、
いくさぶろ君、いいわあ。
どんどん実力つけてるね。
テレビに進出して評価が上がってるのも
この実力ならではでしょう。

ルキーニがこんなにいつも舞台のどこかにいて
全体をまわしているということに今回初めて気づいたよ。

初日は満員御礼でした。
王子の心配している人気の衰えも見られなかった。
でも、残念ながら作品の絶対的な完成度も大きいのであり、
ファンは若干減っているはず。

コメント

  1. ややや より:

    そうそう、育三郎くんのルキーニ、いいよねえ。
    去年はsasaさんご存じのように、
    運よくチケットを入手できたわけなんだけど、
    ルキーニが偶然、育三郎くんだった。
    いい意味でびっくりした。頑張っているんだねえ。

  2. sasa より:

    いくさぶろルキーニで満足していたところ、
    成河ルキーニをみてビックリ。
    さらに上いってます。
    またレポ書くね。

タイトルとURLをコピーしました