DVD『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) 』

アカデミー賞受賞だったから、ずっと見たかったのです。

なんか不思議なお話でした。
現実と妄想が交錯するので、酔ったみたいになります。

かつて人気のキャラクター役者だったという主人公リーガンが
再起をかけて舞台を演出と主演。
共演者の実力に脅かされたり、アシスタントの娘と喧嘩したり、
バードマンが現れて、影の声で囁く。
批評家の声も気がかり。

映画VS舞台、ハリウッドVSブロードウェー、アメリカVSイギリス
たくさんの対立が埋め込まれているようですが、
日本人にはそこまで理解できないかも。

キャラクター役者だったというリーガン役が
バットマンのマイケル・キートンというのはツボです。

テンポが良くて、音楽がスリリングで、カメラワークが鋭い。
訳わからないところも多分にありましたが、
とても刺激的で、面白かった。

ラストの解釈は意見が分かれることろでしょうね。
リーガンにとっては良かったのだと思いたいけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました