印象派展@福岡県立美術館

先日の映画の日に、すぐ近くの県立美術館へ。

あまり話題にはなってませんが、人気の画家がずらりです。

 

中でも目玉はゴッホの『アルルのはね橋』。

 

チラシを見た時点で、きっと晴れやかな青空なんだろうと思いながら出かけたのです。

先日のモネ展でも思ったけど、メイン作品というのは、会場内でも輝いています。

 

が、近づいてよく見るとですね、

この青空は、決して爽やかな水色ではなく、

どちらかというとグレーっぽい、一部紺色も混ざった深い空で

「青空」なんていう単純なものではなかったのです。

 

白く描かれた雲も、絵具をたっぷり使ってぐるっと跡の残る筆致。

 

そんな中、はね橋自体は細い黒で細かく描かれてて

この細やかさが愛らしい。

 

元印刷会社務めだったので、色が出ない苦労はよくわかるのですが、

印刷の平面的な浅い色とは全く違うホンモノに、

かえって驚きと感動を高めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください