映画『リリーのすべて』

エディ・レッドメイン好きですので、映画の日に。

 

いやあ、なかなかショッキングなお話でした。

もともと普通に結婚をして、夫婦仲良く暮らしていたアイナーとゲルダ。

妻ゲルダの予定していたモデルが来なかったことから、

脚だけでもモデルやってと頼まれたアイナーがタイツを履き、女性のポーズを取り、

そのままパーティにも出かけちゃお!なんてやってるうちに

眠っていた女性に目覚めてしまうのです。

 

美青年のエディが女性と見間違うくらい美しく現れるのかと思いきや、

女装したエディは相変わらずの男性で、女装した男性というのは変わらないのです。

背も高いし、細身とはいえ肩幅もしっかりあるから、

どうみても「男」。

正直、あまり気持ちよいものではない。

男性の姿のエディがあまりに素敵なだけになおさら。

 

で、街に出て、みんなが女装のアイナーをじろじろ見て、

アイナーは自分が美しいから?と思ったようだけど、

明らかに世間の目は好奇心のものなのです。

で、寄ってくる男性も、普通の女性を愛する性癖意外のタイプ。

 

アイナーも自分に何が起こったのか悩むし、

見ている方もこの変化にどう対応しようかと思うけど、

見ているうちに、一番大変なのは、妻であることに気付いてきます。

 

これまで愛し愛されていた夫が突然女性化。

怒るとかいう限度も越えてますからね。

結局、ゲルダは自分の中で決着をつけ、この事態を受け入れ、

アイナーの一番の味方となるのです。これこそ究極の愛かと。

 

エディにアカデミー賞取ってほしかったけど、

これはアリシア・ヴィキャンデルが助演女優賞取ったのも納得。

観終わってみれば、主役はゲルダの方だと思わせる演技でしたもの。

 

ただね、エディの今の突破力もすごいと思う。

もう少し普通の役でもいいんじゃないの?

レミゼでは歌唱披露、『博士と彼女のセオリー』ではホーキング博士、

今回は性別適合手術を初めて受けた男性。

途中全裸で自分の姿を鏡に映し、男性の大事な部分を手で隠すシーンがあるのよ。

 

う~ん、ここまでやらなくても。

普通の正装とか、カジュアルスタイルであっても、十分目に麗しいのだから。

 

それでもこんな難役を受け続ける責めの姿勢は、アカデミー俳優なのでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください