有田陶器市

去年と同じく、マカオから帰ってきた高校の同級生と陶器市へ。

 

去年は要領がわからず、時間が全く足りなかったので、

今回はリベンジです。

 

社長夫人のお友達は前回気に入ったお店で爆買い状態。

金銭的には羨ましいなあと思うけど、

異国で一人で暮らすことを思えば、sasaには想像できない苦労もあるでしょう。

 

去年はお昼ご飯さえ食べられなかったのですが、今回はきっちりご飯も食べましたよ。

愛する「ごどうふ」もついたワンコイン膳でしばし休憩。

 

メイン通りに後ろ髪ひかれながらも、今回の目標は窯めぐり。

メインの8キロとは別に少し離れた窯元まで往復4キロ歩いて、

井上萬二窯へ。

とても高額で手が出ませんが、展示場内を拝見していると、

萬二先生も出て来られて、来場者とニコニコしながら歓談されてました。

 

そして、すぐ近くの酒井田柿右衛門窯。

濁手の白に、朱と緑の美しいこと。

 

で、みなさん両手に抱えきれないほど買っている中、

sasaが買ったものといえば、この一品。

雑貨屋さんなどで見かけて気になっていた白山陶器の急須です。

たったひとつだけど、これはこれで満足☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください