舞台『BLACK BIRD』

black-bird

日時:2009.8.29(土) 13:00
場所:北九州芸術劇場 中劇場
出演:内野聖陽、伊藤歩

今日は小倉まで足をのばして舞台『BLACK BIRD』観てきました。
ローレンス・オリビエ賞 最優秀作品賞受賞作品、
2回の公演のチケットは即日完売、追加公演も即完売。
ぎりぎりのタイミングでなんとか昨日手に入れたチケットです。

「LONDON、NYを震わせた問題作!
15年前の少女誘拐事件に端を発する
男女の愛憎と、驚くべき結末を描き出す。」
とあります。

レイ(内野さん)とウーナ(伊藤さん)が出ずっぱりの二人芝居。
内野さんはさすがのベテランさん、
伊藤さん一人でしゃべり続けるシーンもあり、
二人ともすごい力量です。
それに伊藤さんの足って、惚れ惚れする美しさ♪

でもさぁ‥‥‥
ササ、ち~っともわかりませんでしたぁ。
確かに事件の真相が15年前の認識とは違っていたことはわかります。
かなりの誤解はあったようです。
でも、「震え」もしないし「驚き」もないの。

そして、この作品のテーマは一体なんだったのでしょう?
ササは何か観る時、その作品からのメッセージを受け取りたい!と願いながら観ています。
「ハッピーになろうぜ!」でも、「継続は力なり!」でも何でもいいんだけど、
共感できるかどうかは別にして、
モノを作る人って、必ずその作品を通じて伝えたいメッセージがあると思うから。
それがキャッチできないと、ムズムズムズムズ‥落ち着かない。

後半、少女が出てくるシーンも???だったよ。
レイは「違う!絶対違う!」って断固として否定したけど、ほんとに違ったの?
タイトルの「BLACK BIRD」って何?
最後なんか、観客おいてけぼり状態で、
会場全体から「え~っ!!!???」ってドヨメキが聞こえたような気がするんだけど‥。

どなたかおわかりの方いらしたら
教えてくださいな。

コメント

  1. taki より:

    それはね・・・
    と教えてあげたいところだけど、わかるわけないわね。
    映画、ミュージカル、お芝居、ランチ・・・と
    お仕事&育児の合間に自分の時間も満喫してて、いいね~
    新学期も始まったしね。わたしもランチ行きたいなぁ
    また映画とか紹介してね。
    DVDでしか観られないんだけど、テレビ新しくなったし☆

  2. ややや より:

    ササさん、こんにちはー。コメントするのは初めて、の、やややです。

    (以下、ネタバレです。念のため)

    BLACKBIRD、私はずーっとレイ目線で観ていて、多少嘘ついてたり
    していたのかもしれないけど、ウーナ、今のレイの生活を
    壊さないであげてよ、と。

    20代後半?の男の人が12歳の女の子を本当に好きになるのかどうかは
    疑問だけど、15年前のレイの中には、幼児虐待目的の変質者的な気持ち以上
    の何かがあったんじゃないかな、と。だから、レイは12歳の幼児を誰でもいいから
    虐待したという判決は嘘なんだ、君だけは分かって欲しい、とウーナに訴えて
    いたんじゃないか、と。

    それが、後半に少女が現れたときに、あれ?と思ったの。どうやら外にママが
    いるようではあるけど、でも、女の子のレイへの態度は15年前のウーナのレイへ
    の態度と同じではないか、と。そうなると、レイは変質者ではないにしても、
    思春期前の女の子が好きな特殊な性癖がある人なのー? ええー???

    …と思っていたら、突然のあのラスト。15年前のゲストハウスで(一時的であれ)
    置き去りにされた時と同じように、ウーナが扉の外に出たとき、自分はどっちに
    行けばいいんだろうと迷っている様子に、レイの後をもう追わずに、自分の人生を
    歩いてよ、レイは嘘をつき続けていたのかもしれないけど

    …と、私はここで完全にウーナ目線になったわけで、
    だから、このラストは、(私だけかもしれないけど)観客の見方を
    一瞬のうちに変えて、観客が登場人物の今後について思いを馳せ、
    しかも、はっきりとした結論を出せないまま舞台の余韻をひきずる
    …といううまい終わり方だったんじゃないか、と。

    さてさて、4日は『ジェーン・エア』を観てきますよ。3日までに片付けなければならない
    仕事が山積みなので、今はそっちの方が心配だけどね。

  3. sasa より:

    *takiちゃんへ
    いやいや今taki家には新居☆というお楽しみがあるではないか!
    私は家遊びも好きなんだけど、なにせ絶対一人にはなれないので
    ついつい外に出てしまうのよ。
    私の拙いレビューでよければまた映画紹介するね~♪

  4. sasa より:

    *やややちゃんへ
    さすがはいつも読みが深い。よーく頭使いながら読ませてもらったよ。
    やっぱり一緒に観劇したかったわ。
    そうそう、レイの言ってることのどこまでが本当なのかも混乱するのよ。
    それに虐待の部分にも疑問多し。
    でも、最後に私たちが置き去りにされたのは、
    「自分で考えてみろ」って観客が試されていたってことね。
    また今度語りましょう。

    『ジェイン・エア』いいなあ。細身の橋本さとしのロチェスター役が不思議。

タイトルとURLをコピーしました