時計バンド@MORELLATO

 

センター試験の時にね、

長男が「時計忘れた!」と言うのです。

模試の時も試験会場間違えたり、こういうところは意外にボンヤリしてます。

 

で、sasaの時計を貸したのですが、

ずっと使ってるので、バンドがボロボロ。

「お母さん、これ何とかしたら?」

でもねえ、時計バンドなんて、優先順位のかなり低い位置ですよ。

使えないわけでもないし、特に今は物入りだし。

 

するとね、今朝、お部屋にこれが。

 

んん?長男の新しい時計か?

 

いやいや、sasaの時計です。

 

HAMILTONのKAHKIという時計なのですが、

sasaがこれまで使っていた黒バンドではなく、

純正によくついているようなカーキ色のバンド。

 

しばらく???となりました。

でも、

確か、昨日長男宛てに小さめの荷物が届いてました。

この辺りで、sasa泣けてきました。

長男なりに、sasaに必要なものを考え、

sasaの時計にあうバンドをネットで探して買って、

昨晩、sasaが寝た後に付け替えておいてくれたのです。

 

自分本位で人の気持ちを考えないことが多く、本当に心配しているのですが、

旅立つ前に、こんなことを考えていたなんて。

 

子育てとは、思い悩み、問題が起きれば育て方が悪かったのか

とか思ったり、

特に、長男は初めての子育てだったから、手をかけ過ぎて、

長男からすれば「放っておいてくれ」という思いで、遠方に出ていくのですが、

このプレゼントに際し、

sasaの子育ても、そうそう悪くなかったかも、

と思うのでした。

コメント

  1. taki より:

    これは・・・私もじんわりもらい泣きしてしまいました
    いいな。私もこんなことして欲しい。
    なんて要求しているようじゃダメね。

  2. sasa より:

    口で言える性格ではないので、
    これが精一杯の長男の表現だったと思うのよ。
    それを思うと、朝から号泣だったよ。

タイトルとURLをコピーしました