旅行<ロンドンのお宿>

ロンドンのお宿はSwinton Hotel
P1050298
イマドキは便利な世の中になったもんです。
ネットでちゃちゃっと予約できちゃうもんね。
それも結構な数から選べます。

昔はイギリスといえばB&Bだったのに、その表示のお宿はなく、
普通に「ホテル」のお名前です。

夜中に到着した時は、ばたばた入ったのですが、
翌朝、明るい中でホテルを出た次男は
「ロンドン感、ハンパねぇ~」といたくお気に入り。
この古い町並みが当たり前に残っていることからして感動ですよね。

お部屋はツインベッドに、
洗面所とトイレ
P1050234

その横に、クリアな仕切りを挟んでシャワールーム。
P1050233
お湯も問題なく出ました。
外国の宿で「お湯が出る」かどうかってのは、イチかバチかってところですからね。

P1050232
朝食はコンチネンタルで、以前のイギリスのようにベーコンエッグが出てくるわけでもなく、
食堂に行くと、お姉さんから「Coffee or Tea?」「Brown or white?」と聞かれて席に着き、
ハムやチーズ、コーンフレーク、ジュースなどをセルフで取って
パンが焼けたら持って来てくれるという流れ。
パンがトースターでカリッと焼けてるのは美味しいですね。
チーズは「これいつのかなあ?」と思うくらい干からびてパリパリ。

これで、2人3泊で227ポンド。
キングスクロス駅からすぐでどこに行くにも便利が良く、
ユーロスターに乗るにも、セントパンクラスも歩いて行けます。
フロントスタッフさんも親切でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました