旅行2日目その2<ロンドン>

緊急の際の連絡先はメモしてきてたのですが、
そもそも電話をなくすと使えません。
次男のスマホはWifiは対応しますが、海外仕様には設定してなかったのです。

そうは言いつつ、docomoショップに行く前に
レスタースクエア横のTKTSで、レミゼの当日券をゲット☆
オフシーズンのせいか、ほとんどのチケットが夕方でも販売されてました。

で、docomoショップでスマホ停止の手続きをし、
レミゼの劇場「クイーンズ・シアター」前で
一旦解散していた、ややちゃんと待ち合わせ。

観劇前の夜ご飯に、
チャイナタウンのすぐ近くなので、お手頃価格の「旺記」さんに入ってみました。
ガイドブックにも「無愛想だが格安」とあるように、
店員さん、接客が全くなってません。
お客さんに対応する気もなく、楽しそうにおしゃべり三昧。
白ごはんも大きめの容器に3人分まとめてドーンとテーブルへ。
4種類ほどのメインが出て、一人9.5ポンドというのは、ロンドンでは安い。
とにかくどこも高いので、ほどほどのお値段のお店しか入れないのです。

お味の方は決して美味しいとは言えませんが、まあこんなもんでしょ。
P1050254

で、今日の悲劇はここにもあったのですけどね。

P1050255
ややちゃんと別れて、次男が観たいと言った『レ・ミゼラブル』。
sasaが大学時代に初めてロンドンで観たミュージカルです。
あまりのロングランに、どんどん小さな劇場に移動してるようで、
このクイーンズ・シアター、とても小さかった。
舞台セットがバッサリ省略されてるのと、演出が旧演出です。
回り舞台だし、
ツーロンは舟を漕ぐのではなく、石切り場のようにグルグル歩き回る、
宿屋のセットが違う。
旧演出もアリなのですね。
ただ、アンジョの最期があの名シーンだったのが嬉しかった。

役者さんたちはですね、もちろんみなさま歌は上手なのですが、
悲しいシーンにも繊細さというより、力いっぱい。
ファンテのベッドのシーンも、エポの「花咲かせよう」も、
ここからどうやって最期にもっていくんだろう、と思うような
元気で力のこもった歌です。
そこから一気に萎れていくのですが、
日本人としては、もう少し繊細さが好みだったりします。

時差ボケも残りつつのこの観劇、
sasaはまあ大丈夫だったものの、
本人が観たいと言ったのに、次男爆睡。
というかね、お腹が痛いと席を立ったのです。
後で聞いてみると、どう考えても先ほどの中華に当たったのだと。
あまりの激痛に寝るしかなく、大変高額な子守歌となりました。

チケット代はね、2階の中盤くらいの席で
39.5ポンドでしたので、一人7500円くらいでしょうか。
日本のB席くらいなので、変わりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください