映画『セッション』

  

昨日のバトルであまりに頭に来たので、
今日は午前中に必須の仕事を済ませ、
この5週間休日出勤してる分の代休を取ることにしました。

バトル相手は今日で最終日だったのですが、
顔も見たくないし、引き継ぎはズサンだし、
もう引き継ぐというよりは、sasaオリジナルでやっていこうと決めたのです。

で、ずっと観たかった『セッション』やっと観てきました。
アカデミー賞助演男優賞ほかを受賞してる作品です。

トップの音楽学校に入学した1年生のドラマー・ニーマンが
カリスマ教師・フレッチャーの指導を受け、高みを目指すうちに
狂気の道を進んでいくお話。

アクションでもホラーでもサスペンスでもない
音楽の話なのに、ピリピリの緊張感で手に汗握る2時間。

※あ、ここからネタバレ入ります※
カリスマ教師の指導の怖さがポイントなのですが
甘い声で囁くことがあるものの、それは恐怖の前哨戦で、
どれも本気か演技かわからない。
何回も叩かせて「遅い!」「早い!」「ふざけるな!」
「今のは遅いのか?早いのか?」
あまりの恐怖で、当てずっぽうで答える生徒。
ここ、素人にはもちろん全く違いがわかりません。

この煽りで、血だらけになるまで練習し、
音楽で一流になることだけが人間の価値となり、
家族に暴言を吐き、彼女を捨て、頭から血を流しながらもスティックを握る…。

ラストは長い長いドラムソロが続きます。
台詞なし。
ここが、フレッチャーの煽りか報復かで解釈は分かれるようですが、
sasaとしては、フレッチャーの表情を観る限り、制作側の意図は
当初の目的はやはり報復だったではないかと思うのです。

それが、ニーマンのドラムを観て聴くうちに
復讐心よりも本来の音楽を愛する心が勝ったのではないかと。

ご覧になった方、いかがお考えでしょうか?

スポンサードリンク

  1. 2 thoughts on “映画『セッション』

    ご立腹、お疲れさまでした。
    外で働いていると、いやなこといろいろ起きるねえ。
    長年継続して働いていて、本当にご苦労様です。
    映画観て少し気分転換出来たかしら。
    この映画、面白そうね。

  2. 2 thoughts on “映画『セッション』

    ★takiちゃん
    お給料いただくのは楽じゃないわぁ。

    で、こちらの映画ですが、是非takiちゃんか娘ちゃんに見て
    感想をお聞きしたいものです。
    芸の道を突き詰めるとこういうことになるのか、
    特に芸のない私にはわからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください