尽くす心

今日の仕事でボランティアの若者たちにスタッフとして入ってもらった。
イマドキっぽい、ほどよいオシャレで感じの良い若者たち。
1人は、今春から社会人で、明日が入社式ですと。
大事な最後の休日をボランティアに使ったのか。
お弁当代しか出ないのに。

この若者たちを見ていて、そう歳も違わない長男のことを考える。
自分の損得しか考えないあの様子と比べて、
そもそも、どういう気持ちでそんな若い時分から
人のために尽くそうと思うのだろう?
と疑問に思い、聞いてみると
「いやあ、僕も高校生の時はそんな感じでしたよ」って。
これまた爽やかな回答。

ほんの5歳くらいしか差がないのに、
その言い方は「高校生の自分は子どもだったなあ」と感じてるみたい。
やっぱり、まだまだ自分のことでいっぱいの高校生と
余裕も出て、視野も広がり社会に出ようとする大学生では
随分違うのかもね。
「これから変わりますよ」と慰めてもらい、
期待することにした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました