映画『フォックスキャッチャー』

IMG_4731.JPG
レディースデイに映画はしごしました。
これも話題になってたのでね。
大富豪による金メダリストの暗殺という実話を基にした映画です。

これもそこそこ期待していったわけですが、
こちらは期待以上の素晴らしさ☆

画面じゅうに、狂気が漂っているのです。
ヒタヒタひたひた悲劇が忍び寄ってくる。

というのも、大富豪デュポンを演じる
もともとコメディ役者というスティーヴ・カレルが
とにかく怖いのです。
内になにか抱えてる感がこっちまで陰鬱にさせる。

事件の核となるマーク役・チャニング・テイタムも
内面の弱さ、不安定さが見事。
鍛え上げた強靭な身体との対比も面白い。

殺人鬼が出たり、凄惨なシーンがあるわけでもないのに、
こんなに怖いとは。
というか、淡々と日常的な画面だからこそ、
その先の見えないものが怖いのかもねえ。

明後日はアカデミー賞。
sasa、今年は観ている作品が結構多いのです。
作品賞ノミネートの『アメリカン・スナイパー』
『イミテーション・ゲーム』『博士と彼女のセオリー』
そして主演男優賞に『フォックスキャッチャー』。

どれも素晴らしかったわ。
sasaにとって最強のマリウスエディ・レッドメイン
のホーキング博士も感動もので、
どちらか取ってほしいなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました