映画『おみおくりの作法』

IMG_4732.JPG
今、とても話題になっている作品。
先日の半休がちょうどレディースデイだったので観てきました。

役所の民生係を22年間務める男性が、
身よりもなく、一人で亡くなった方の人生を
遺品や知人に会いながら紐解き、おみおくりする
というお話です。

他人の人生を敬い、静かに温かく送り出していきます。

主人公ジョン・メイを演じるエディ・マーサン、
初見のお方ですが、この役にすっぽりハマってらっしゃいます。
静かで繊細で実直、ユーモアもある。

地味に話題になってるので、開演前は長い行列で、
場内にはパイプ椅子の補助席がずらりと並ぶほど。
sasaもなんとか座れたものの、最前列。
あまりに近すぎて、画面に焦点をあわせるのが大変でした。

あ、今さらですけど、これから観ようという方はあまり読まないでね。
最後にどんでん返し、とか、感動のラスト
とか聞いてしまってたので、
少しばかり予想がついてしまい、
純粋な感動が得られなかったのは確か。

淡々と流れるお話、画面の静かさ、役者さんは素晴らしかったけど、
テーマ的には、『悼む人』の「人の命に差をつけない」
ことの方が響いたかな。
この手のテーマは『おくりびと』や『アントキノイノチ』
などでも扱われてきたしね。

期待しすぎはよくないと思った。
素の状態で観に行けば絶対感動したはず。
でも、名作と話題になってたから行ったわけで、
なってなかったら行ってないのだから、なんともいえないね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました