舞台『夕空はれて-よくかきくうきゃく』

IMG_4390.JPG
■日時:2014年12月13日(金)19:00 
   1幕19:00-19:40 休憩15分 2幕19:55-20:30
■会場:青山円形劇場 C-16
■脚本:別役実
■演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
■出演:仲村トオル、マギー、山崎一、奥菜恵
   緒川たまき、池谷のぶえ、犬山イヌコ

発売日当日に張り切ってゲットしたチケットには
『雨の降る日は天気が悪い』とある。
発売後に、別役さんの体調不良により書き下ろしができなくなり、
過去の作品に白羽の矢が立ったという、いわくつきの公演。
作品が変更になったのに、出演者は変わらず、というのもこれまた凄い。
ケラ自身、正直降ろしてもらうことも考えたらしい。

お話はどこかの町に男1、名前さえない仲村トオルが現れる。
並んだイスに何気に鞄をおき、ブラブラしていると、
町人らしき人たちが現れて、
ときどき出没するという、ライオンまたは熊もしくはトラ
(ここも、それぞれが違う動物名を言うので結局どれだかわからない)
それが、一昨日はこのイス、昨日がその隣のイスに座った人を噛んだと言う。
…となると、今日は…
で、男1が慌てて鞄の位置をずらす。

町人たち
「え?あなたはまさか噛まれたくないと思ってるんですか?」
男1
「え~?あなたたちは噛まれたいんですか?」
町人たち
「私たちだって噛まれたくないですよ」
男1
「でも、さっき『噛まれたくないと思ってるんですか?』って言いましたよね?」
町人たち
「いえいえ、私たちだって噛まれたくないんです。
でも、あなたは本当に噛まれたくないと思ってるんですか?」

みたいな会話が続く。

んんん?
なんじゃそりゃ?訳わからん。

そして、この訳わからん感は男1が観客になりかわって
「ええ~?」とその理不尽さに驚き、反論してくれる。
でも、町人たち、暖簾に腕押し状態で、正論は通じない。

ナイロンもナンセンスコメディだけど、
今回はそこに別役さんの脚本でナンセンス度がアップ。

結局最後まで、何が言いたいのかわからず、
でも、台詞を追うこと自体がとても楽しい。
うっかりしてると、足元すくわれちゃうから、
笑いながらも集中!

相変わらず滑舌のよい緒川たまきさん、
ナンセンスを堂々と言い切る美人、素晴らしい。
奥菜恵さんも、あまりいい印象はなかったのに、
このナンセンスを上手に体現してて良かったです。

青山円形劇場、初めてにしてラストでした。
役者さんたちがものすごく近いのね。
仲村トオルさんなんて、ほんの2mくらいのところにいたよ。
ケラもお気に入りのようでしたが、とても素敵な劇場。
代りになるものが現れるのかしら?

コメント

タイトルとURLをコピーしました