ドラフト会議

先日、仕事休んだ日にたまたまドラフト会議があってて
どんなもんかと見ていたら、
昔とはずいぶん違うのね。

ホテルの式場のようなところで行われる大イベントで、
各球団ごとに席につき、
テーブルに置かれたパソコンで指名選手を入力。

指名が複数だった場合は、くじを引くのは昔ながら。

で、昔と大きく違ってたのは、
どの選手も、どの球団に交渉権が決まっても
一様に喜ぶ。
どこの球団に行きたいとか行きたくないとかはないのね。

昔は誰もかれもが巨人希望。
巨人に指名されなくて浪人した選手までいたよね。
希望球団じゃないとあからさまにガックリしたし。
逆指名なんてのもあったし。

確かに今はどの球団も魅力があって、人気が拡散。
北海道や福岡だからって全く悲壮感もないし。
それが個性として扱われる。

まあ、ハラハラしながら指名を待ってて、
どこにも指名されないこともあるわけで、
指名されただけでも嬉しいというのもあるかも。
それと、野球界でも就職難なのかなあと思ったり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください