石橋美術館『ちょっと気になる絵の履歴』

IMG_4010.JPG
久留米でお仕事だったので、
美術館には縁のなさそうな同僚も引っ張って行ってきました。

夏の『対決』と同じ作品の展示も多い、
というか、それよりさらに地味なラインナップを
この絵は誰のところにあったのか、という構成に組み直しています。

画家友達が絵を持ってたり、
画廊に飾りたいと言ったら「じゃあ描きましょう」って新作出してくれたり、
所有者が川端康成だったり、
絵にまつわるエピソードを知ると、また違った面白さがありますね。

私営の、それも都心でない美術館のせいか、
解説文もユルくて楽しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください