熊川哲也とバレエの世界

20140706-183428-66868727.jpg
■日時:2014年7月6日(日)14:00
■会場:大野城まどかぴあ

バレエにまで手を出すととんでもないことになるから
気づかないふりしてるのよねえ。
でも、トークショーくらいはいいんじゃない?

福岡で有名な元アナウンサーでまどかぴあ館長の
林田スマさんの進行です。
狙ってなのかどうなのか、程よいおばちゃん度が
場を和ませ、熊川さんも苦笑しながら上機嫌♪

熊川さん、登場する時から立ち姿が美しいのよねえ。
もっと筋肉質なのかと思ったら、細い!
ソファには足を組んで腰かけ、そのポーズも決まる!

お話は盛りだくさんの内容で面白く、
その中から特に印象に残った2点をご紹介しますね。

◆最近、海外のコンクールに日本人が次々と入賞し、
注目されていることについて

自分たちの頃より、コンクールに送り出す先生が増えたから
というのは大きい。
でも、今は特にマスコミが大きく取り扱うから増えたように思うのであって、
昔も素晴らしいダンサーはいっぱいいた。
フィギュアスケートにしても、こんなに注目されはじめたのは最近でしょ?
自分が16歳でローザンヌの金賞をとった時は
新聞に小さく紹介されただけだった。
なので、マスコミによって操作されている。

自分自身については、16歳で北海道から東京を飛び越して西洋に渡った。
西洋人は立っているだけで容姿が美しい。
それに勝つために、自分の最高の武器を出した。
高く飛ぶとか、回るとか、技術的なこと。
「哲也やってくれ」と言われて、テクニック的な見せることばかりで、
西洋人の持つノーブルさ、演劇性を学んでおきたかったと今になって思う。

◆求められる受信力

林田さんがロミジュリ公演をご覧になって
「素晴らしかった」とおっしゃるのに対して、熊川さん
「素晴らしいと思える心があるお客さんが素晴らしい」。
バレエを含め、エンターテイメントにはお客さんの受信力が必要。
観客とステージが常に反響しあうこと。
そのためには常に感動することが大事。
例えば、今日は雨が強い。そのことに感動する。
お客さんたちは来れるだろうかと思う。
何事に対しても常に感じ、吸収する。

感動することの大切さを強調され、
sasa、その点については大いに自信があるわけで、
ステージを観て感動することは、生きていく上で大切なことなんだ
と背中を押してもらった気分。

途中、Kバレエの生徒さん、ちびっこクラスから
お姉さんクラス、そしてソリストまで
のミニステージを拝見し、
その美しさにもまた大感動☆

熊川さんと言えば、もっと気難しいイメージだったのですが、
林田さんのナビゲーションの良さのせいか、
饒舌でとても楽しかったです。

マズいのは、Kバレエ10月公演の『カルメン』に行きたくなってしまった
ことであります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました