映画『アナと雪の女王』

20140602-073756-27476606.jpg
「まだ見てなかったんかい?」という声も聞こえてきそうですが、
やっと本日鑑賞してまいりました。
常々ミュ―ファンと言っておきながら
こんなに後れをとって失礼しました。

ストーリーはともかく、松さんと沙也加ちゃんの素晴らしさが注目されてますが、
sasaとしては、お話も面白かったよ。
「悪い魔女」的なエルサが全く誠実な「いい人」であるだけに、
あんな不幸を背負わされていることに胸が痛む。
「遊んで!遊んで!」と言って遊んでもらえないアナより、
そうしたいのにできずに幽閉状態のエルサの方が
断然辛いではないか!
「人の気も知らないで!」と言いたいのはエルサだったはず。

アナはこの先きっとクリストフと幸せに暮らすんだろうけど、
エルサにもそういう幸せを与えて欲しかったな。

というか、こうやって書いてると、
このお話『ウィキッド』を彷彿とさせる。
「悪い魔女」の汚名をきせられ身を隠して生きていくエルファバと
「良い魔女」として自分の幸せより国民のために生きていくグリンダ。
表の「良い」と「悪い」は逆だけど、
映画『クイーン』の時も思ったけど、
sasaは、荷を黙って背負って生きていく人に共感するようだ。

で、エルサにも白馬の王子が現れて欲しかったけど、
そういう展開にはならなかった。
アナは、ハンスとクリストフ、二人からモテモテだから
どちらかエルサのお相手になるかと思ってもそうもならなかった。

というか、ハンスのあの支離滅裂なキャラクターは何なの?
あの豹変ぶりはあまりに不可思議。
と、ネットを見てたら、ハンスは人格ではなく、
「他者を映す鏡」という考察があって、
その場その場で居合わす相手を反映するための存在であって、
人ではないらしい。
わかったようなわからないような…。

あ、あと気になってるのが、
最初の方の港のシーン?で、クリストフ一瞬登場するよね?
「この人、もしかして…」の思わせぶりなアップが
気になったのだけど…。

で、ミュージカルスターの競演
松さんと沙也加ちゃんですが、
今回は沙也加ちゃんが主役ということなのね。
台詞も愛らしく、歌も生の舞台よりは補正がきくのか正確。
高音がきれいだもんね。
松さんは、あの普通っぽい歌が好きなんだけど、
さすがにディズニーですから、華やかに歌謡曲っぽくなってたね。
実は原慎さんや安崎さんもご出演されてました。
オープニングのアンサンブルさんの厚みのある歌声や
ちょこちょこ披露される群舞も
ミュージカルっぽくて楽しい。

ということで、やっと観られてホッとしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました