DVD『Holiday』

子どもたちのいなかった週末に
ずっと観たかったDVD『Holiday』を借りてきました。

先日、映画『愛をよむ人』を観て、
大好きなケイト・ウィンスレットが終始険しい顔なのが辛かったから
元気な明るいケイトが観たかったの。

恋人に二股かけられ、あげくに婚約され、
忘れられずにひきずる女性アイリスを明るく演じています。
中盤以降くらいまでぱっとした出会いもなく、
足の悪い老人アーサーを助け、のんびりした交流が続くのですが、
実はこれがアイリスを幸せに導くポイント。
アーサーはアイリスがどうやったら幸せになるかちゃーんとわかっていて、
そうなるように上手に誘導してくれました。
アイリスもアーサーが再びステージに上がれるようサポートするしね。
とても心温まる交流です。

都会的すぎてちょっと苦手だったジュード・ロウは
ロンドン郊外の田舎に住む好青年を演じていて
この意外な素朴さが素敵。
『スルース』とか『リプリー』のいかにもイケメンっていう役より
今回が一番ドキリとしました。

キャメロン・ディアスは目が怖くて苦手なんだけど、
ジュード・ロウとのラブラブシーンでは
やっぱり絵になるカップルだわ。

まあ、最後はハッピーエンドってわかっちゃいるけど
安心して楽しめる映画です☆

コメント

  1. フランクリン より:

    僕も昔見て、いい映画だな~と思いました。

  2. sasa より:

    きゃあ、久しぶり〜!
    昨日デパ地下のお菓子売り場を歩いてて、
    デパ地下好きのフランクリンのことを話してたところだったよ。

    豪華キャストたちが人間味のある役を演じてていい映画だよねえ。

タイトルとURLをコピーしました