試合のお楽しみ

長男はそこそこ速いので、試合の応援も楽しいのですが、
もうひとつのお楽しみが。

団体の球技とかだと、お母さんたちもみんなで集まって
一緒に応援するのかもしれませんが、
陸上は、我が子の試合時間に来て、
一瞬で終わる試合をさっと見て帰るパターン。

なので、子どもたちは全く感づいていませんが、
応援席にはひっそりと親たちがいて、
あっちは気づいてなくても
こっちはユニフォームに校名が入ってるので
「あ、一緒の部活の子だ」と把握するわけです。

で、仲間が出場する試合にはみんなぞろぞろ出てきて
あちこちで応援します。

sasaできるだけ同校の子たちには近寄らないように気を付けていても
パラパラあちこちで応援するので、
結局近いところで応援されることになる。
だからここで悪口言われてたら凹むよね。

先日、さあ次は長男の試合だ!と思うと
すぐ横に男子が数人出てきて
「さあ、Kちゃん出てきたよ」

ん?

Kちゃん?

長男は「ちゃん」づけされるキャラなのか?

次の試合は女子の近くで、これまた
「Kちゃん、ファイト!」

あれ?
長男って実はいじられキャラ?

実は話すと面白いけど、
誰とでも気軽に話せる性格ではないので
何か言われてパッと気の利いた返事ができているとは思えない。
もしかしてそんなところが面白ろがられてる?

子どもたちの世界でどういう立ち位置になってるのだろうか。
なんて想像するのも結構楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました