アカデミー賞

最近は映画もなかなか観られていませんが、
アカデミー賞候補もいくつかは観ていてよかった。

作品賞の『ゼロ・グラビティ』は
最初、登場人物が2人だけと聞いた時には信じられなかったけど、
実際は、ずっとひきつけられたままだった。
セクシーなジョージ・クルーニーはともかく、
サンドラ・ブロック好きじゃないのに
とても面白かったもんね。

主演男優賞のマシュー・マコノヒーは
『ダラス・バイヤーズ・クラブ』は拝見してないけど、
『ウルフ・オブ・ウォールストリート』でのちょっとのご出演が
インパクトありすぎ!
お話自体は破廉恥でクレイジー、R18指定は当然だ。
レオ様もものすごいパワーだったのだけど、
あのちょっとの登場でかっさらったマシューに軍配上がる。

『それでも夜は明ける』は観るチャンスはあったのに
観てなくて残念…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました