引き続き合唱コン

今日も合唱コンについて書くわ。
だって嬉しいことがあったんだもん。
悪いことの後には良いこともあるもんだ。

次男の部活の後輩でピアノを弾いた1年生がいて、
全く別件の部活のことでお世話になったので、面識なかったけど
そちらのママにお礼メールをしたの。

すると、その返信が
「ピアノに自信をなくしてたのですが、
先輩のピアノを聴いて感動し、また前向きにやる気を出しました。
先輩を目標にがんばります」ですって!

いやいや、目標にされるレベルではないんだけど、
次男のピアノがよそさまの力になったなんて嬉しいわぁ。

それに、同じく伴奏した子の親は、仕上げる過程は想像つくし、
次男のがんばりにも気付いてくれるもんだ。

もうひとつ良かったと思ったのは、
次男があの演奏に満足してはいなかったこと。
間違いもあったし、ピアノの先生の微に入り細に入りの指導は
達成できてなかったし、
金賞だからと浮かれることは全くなく、
自分の課題を見据えていたのが、成長したなあと嬉しかった。

合唱コンひとつでドラマがありますなあ。
こういうのひとつひとつが大事な思い出になるのでせう。

コメント

  1. hiro より:

    sasaさん、合唱コンの記事にいろいろと共感していました。
    うちの息子もチェロを弾いて・・・と軽く頼まれることがありました。
    楽器は違えど、やはり一つの曲を仕上げるのは大変なものですよね。その苦労は近くで見ている親が一番よくわかります。
    次男くん、お疲れ様でした!

    明日は(もう、きょうですけど)はなまるマーケットにStarS出演ですね。チェック済みとは思いますが、お知らせまで。

  2. sasa より:

    ★hiroさん
    チェロだとますます言われそう〜!
    きょっと聴いてみたい気持ちはわかる。
    確かにピアノだと、さらさらっと弾ける子もいますけどね。

    はなまる情報ありがとうございました。
    全くノーチェックだったので、朝バタバタ録画予約して出勤し、
    帰って早速見ました。楽しかった〜♪

タイトルとURLをコピーしました