合唱コンに思う

昨日の合唱コン聴いてて思ったのは、
選曲も大きいよね。

次男のクラスは森山直太郎さんの『虹』。
とっても素敵な曲だし、歌詞もさまよえる若者的な内容で
恵まれてた。

これが
「隠れキリシタンが〜♪」とか
「母の悲しみを〜♪」とかだと
中学生が気持ちを込められるもんなん?
全クラス分の楽曲を探すのも大変とは思うけど
曲自体で気持ちにあってないのは可哀想ね。

かといって、昔ながらの人気曲『怪獣のバラード』
のクラスが良かったかというと、
歌ボロボロで、曲だけというわけでもない。

今日は先生から学級通信号外のようなものが出てて、
読んでて、う〜ん…となる。
内容はもちろん「よくがんばった」なんだけど、
それがクラスのハーモニーが良かったことと、
大半が実行委員への賛辞。
ふざける男子たちに「ちゃんと歌い〜!」と言い続けるのは
そりゃあ大変だったろうけど、
指揮と伴奏にはひとこともなし。

実行委員が朝早めに来てテープや机の準備したかもしれないけど、
ピアノは毎晩部活の後、家でコツコツ練習して、
早朝とか深夜にレッスンだったんだけどなあ。
去年の長男の時も先生から
「学校で練習する姿をみかけなかったけど、どうしてたのかな?」
みたいな呑気なコメントが書いてあって、
さすがにカチンときたsasaは
「中体連中も部活の前にレッスン、帰って家で練習して、夏期講習でした」
と書いたら、先生はハッとしたらしく
「何事もさらりとやっているようだけど裏ではがんばってるんですね」
みたいな返答があった。

学校のピアノで練習するとか、
もっと目に見える「がんばってる」アピールしないと
がんばってることにはならないのね。
先生には、ピアノ習ってれば弾けて当然と思われてるのかも。

ピアノの先生はもちろん次男の努力は知ってるので
昨日も全クラス聴いて、金賞をとても喜んでくれたけど、
「課題もあるのでがんばりましょ」みたいなメールだったから
次男本人が「先生に言われたことがちゃんとできたわけではない」
と言うように、まだまだなんでしょう。

高校生の忙しさを考えると、次男のピアノも中学までかも。
そう考えると、完成できる曲はもう1、2曲。
弾きたい曲を厳選しないとね。

コメント

  1. miho より:

    sasaさん 
    私も同感です!全部!
    ピアノ伴奏のこと、簡単に、しかも当然のように思ってて、ピアノ習ってるなら朝飯前でしょ、みたいなね。学校では学校のことでいっぱいで、少ない家での時間の中でやっぱり努力して、歌の邪魔にならないようにとか、いろいろ表現つけるのにそれなりの苦労があったありすることを子供は口にしませんからね。母は分かっているだけになんだかよ~!って気持ちに。
    そして今回、課題曲伴奏のこが前日に熱発して、前日練習はアカペラだったらしく、夕方学校からFAxが流れてきて、熱奏宜しくお願いします、ですって。びっくりでした。あまりに共感することが多かったので、朝から愚痴モード、しゅみましぇ~ん!

  2. sasa より:

    ★mihoさん
    愚痴な記事で申し訳ないなあと思いながら、でも書かずにはいられず書いたのですが、
    共感いただけてほんっと有り難いです。
    辛い譜読みから少しずつ進んで、途中あきらめモードの時もあり、
    とりあえず弾けるようになってからもその先の仕上げまでの道のりが長い。
    それを1人で背負ってることに気付いて欲しいですよね。
    miho家娘ちゃんの合唱コンはいかがでしたか?

    今日は嬉しいことがあったので、次の記事で書きますね♪

タイトルとURLをコピーしました