次男大忙し

20130915-172643.jpg
昨日は貴重な次男の試合。
市の大会で、小学生から大人までの大人数。
剣道というのは、トーナメント形式でどんどん戦っていくので、
小学1〜2年生の組、3〜4年生の組、と順番に進み、
いったい次男の試合はいつなのか予測できず、
ただただ待つのみ。
そしていざ次男の試合になった時、恐れていた通り、
あれっ?と思った時点で既に始まっていて、
前半を見逃す始末。

そして、剣道というのは中学校ごとのチームもあれば、
「○○館」という道場での出場組も多い。
そして、「○○館」タイプは強い、ということもわかってきた。

次男、1回戦の相手はそういう「○○館」だったのに、めでたく勝利。
2回戦は不戦勝で、3回戦に進み、またもや「△△館」と当たって
負けました。

剣道には「面」「胴」「こて」があることくらいはsasaでも知ってますが、
それぞれ得意な技があるのね。
次男は背が高いので、面が得意らしい。
3回戦の相手が「こて」を得意としていたらしく、
面をかまえてるうちに打たれ、試合後、それを先生に指導されてました。

でも、次男の中学で1回でも勝った2年生は次男一人だったので、
なんだか「よくやった」的な雰囲気になったようです。
いや、そんなことでいいのか?マズいだろ。

次男、もともとのんびりするのが好きな穏やかな性格なので、
「高校入ったら文化部がいい」とか言ってるのです。
いやあ、男子たるもの、運動部にして欲しいというのがsasaの願い。
それに、辞めたら、あの高かった、そして場所を取る防具たちはどうするんだ!
でも、長男も2年生の時は似たようなこと言ってて、
3年生になって力が伸びてくると楽しくなり、
高校もあっさり同じ部活ですからね。

面がポーンと入った時の爽快感はたまらないものらしいので、
次男ももっと力がついて、楽しくなるといいな。

コメント

  1. taki より:

    「背が高いので・・・」に反応!
    大きく育ってていいなぁ☆
    それだけでsasaちゃんは1つ気がかりが少なくて済んでると思うよ♪

  2. sasa より:

    ★takiちゃん
    次男が大きいのはいいんだけど、長男に追いついてきて、
    これが現実になると長男がひどく傷つくので、
    怖くて比べたことがない。
    せっかくほっそりしたから、剣道続けてほしいなあ。

タイトルとURLをコピーしました